円相場、一時1ドル=135円を記録 20年4カ月ぶり

2022/06/13
更新: 2022/06/13
コメント

週明けの13日の外国為替市場では円安が進み、円相場は一時1ドル=135円台を記録した。2002年2月以来、20年4カ月ぶりの円安ドル高水準となった。

米国では記録的なインフレが進んでおり、10日に発表された米消費者物価指数(CPI)は40年ぶりの伸び率となった。物価上昇を受け、米国の中央銀行に相当するFRB(連邦準備理事会)が利上げを継続させるとの見方が出ている。低金利が続く日本と米国の金利差を見込み、円を売りドルを買う動きが出ている。

政治、経済、安全保障などを担当しております。