ドル円相場、一時139円台に およそ24年ぶりの円安水準

2022/07/14
更新: 2022/07/14
コメント

14日の外国為替市場では、一時1ドル=139円台に下落した。1998年9月以来、およそ24年ぶりの円安水準となった。米国では急激なインフレが進行しており、7月下旬に米連邦準備理事会(FRB)が利上げを行うとの見方が示されている。

円相場は1日で2円下落した。米国が13日に発表した6月の消費者物価指数(CPI)は昨年同月比9.1%の上昇となった。米国では物価上昇が続いており、米連邦準備理事会が7月の会合で利上げを実施するとの見方がある。

FRBは6月の会合で0.75bp(ベーシスポイント)の利上げを実施したばかり。

政治、経済、安全保障などを担当しております。