「演習より有事こそ恐怖」与那国町長、マスコミの「扇動」報道に苦言

2022/11/21
更新: 2022/11/21
コメント

日本の最西端・与那国島で自衛隊の16式機動戦闘車(MCV)が初めて派遣されたことについて、与那国町の糸数健一町長は17日、大紀元の取材に対し「演習で自衛隊車両が走ることが恐怖を与えるのではない。万が一有事が起きた時の方が恐怖だ」と述べた。「町民の命を預かる立場」として、さらなる抑止力の強化を政府に求めた。

沖縄では離島防衛を想定した日米共同演習「キーン・ソード」が19日まで行われていた。NHKなどの報道によると、与那国島の空港では10数人が抗議活動を行った。

糸数氏は「皆が皆自衛隊反対というわけではない。大多数の人はそれを歓迎している」とし、住民のほとんどがサイレントマジョリティーだと指摘した。

「今日、与那国に輸送機で戦闘車両が運ばれた。蜂の巣を突いたように大騒ぎしているが、騒ぐごと自体がおかしい」と糸数氏。「マスコミが必要以上に恐怖を煽動しているようだ。なんでもないのに、あたかもそれが悪であるかのように書きたてている」

沖縄県の玉城デニー知事は機動戦闘車の訓練について繰り返し懸念を示している。糸数氏は「演習で自衛隊車両が走るのが恐怖を与えるということではない。万が一有事が起きた時の方が恐怖だ。何も訓練もなくいきなり戦場になってしまったら、誰もその責任は取れない」と強調した。

「私は町民の命を預かっている立場だ」と糸数氏は述べた。「備えるべきは備え、抑止力を高めなければならない」。

台湾有事の際に「自衛隊も米軍も座視するだろう。見て見ぬふりするだろう」という間違ったメッセージを中国に送ってはならないと訴えた。

糸数氏は「日米同盟に基づく自衛隊と米軍の訓練のみならず、台湾軍も協働して(訓練を)行うべきではないか」との考えを示した。「万が一の場合は、日本も米国も、台湾と一緒に戦うのだと旗幟鮮明にしないと、誤った選択を相手にさせてしまう。そうさせないためにも毅然とした態度が一番大切だと思う」と述べた。

糸数氏は17日、都内で開かれた日台間の自治体交流を推進する「日台共栄首長連盟」第2回総会に出席した。「与那国島と台湾が毎日、物的、人的な交流行われるようにすべきだ」と日台関係について語った。「与那国からすれば大消費地が近くにあるのだ。一つの経済圏になれば与那国の将来も明るい」

政治、経済、安全保障などを担当しております。