「中国宗教迫害防止法」が発議 中国に責任を問うべき=米共和党

2023/11/05
更新: 2023/11/05

米国共和党の上下両院議員が、宗教団体に対する中国共産党の迫害および弾圧行為を防止し、その責任を問うための法案を発議した。

最近、テッド・バード上院議員(共和党・ノースカロライナ州)は、トム・ティリス上院議員(共和党・ノースカロライナ州)と一緒に「中国宗教迫害防止法」を発議したと明らかにした。下院ではマーク・アルフォード下院議員(共和党・ミズーリ州)が同法案を主導している。

バード議員は「宗教の自由は人間の最も神聖な権利の一つ」とし「中国共産党はウイグル族を強制的に収容所に閉じ込め、キリスト教徒の礼拝を禁止するなど、宗教団体に対する迫害を行い、数十年間宗教の自由を侵害してきた」と指摘した。

続けて「このような理由から、私たちが発議した『中国宗教迫害防止法』は大きな意味を持つ。この法案は、経済的手段と貿易交渉などを通じて、中国に宗教迫害および人権侵害に対する責任を問うのが米国の政策であることを宣言している」と強調した。

27日に公開されたプレスリリースによると、この法案は中国との貿易交渉で宗教の自由保護に関する条件を含むようにする。

また、中国を「宗教自由特別懸念国」に指定したことを引き続き維持し、中国政府に重大な人権侵害事件に対する責任を問う内容を盛り込んでいる。

ティリス議員は法案の発議とともに発表した声明で「中国政府は自分の宗教的信念を実践する無実の自国民に対して恐ろしい人権侵害を行った」と批判した。

その上で、「米国は中国にこれに対する責任を問い、今後の貿易交渉を進める際、宗教の自由に対する中国の弾圧行為を積極的に考慮しなければならない」と声明を発表した。

法案全文は「この法案は、国連人権理事会が立ち上がり、中国の人権侵害について公式に糾弾しなければならないという点に米国議会が合意したことを示している」と伝えた。

また、「国連人権理事会は、ウイグル族、キリスト教団体、法輪功およびその他の宗教団体に対する中国政権の迫害を放置してはならない」と付け加えた。

現在、国連人権理事国である中国は、10日に行われた国連総会選挙で再選出されたため、理事国の地位を3年間維持することになった。

これと関連し、一部では「数十年間、恐ろしい人権侵害を犯してきた中国が世界最高の人権機関の理事国に再選出されたのは非常識だ」という批判の声が上がった。

中国の宗教迫害

バード議員は「この法案は、宗教的信念のために処罰を受けた中国の宗教人たちに光を当てる」とし、「法案には現在中国で迫害を受けている宗教人の名前が挙げられている」と明らかにした。

実際にこの法案には、米国ノースカロライナ州グリーンズボロ出身の米国永住者であるジョン・カオ牧師が明記されている。彼は2018年3月に中国で「違法国境越えを組織した容疑」で懲役7年の刑を宣告され、刑務所に収監された。

また、法案は2019年12月に中国で「違法事業活動」「国家転覆扇動」の容疑で懲役9年の刑を宣告された王毅牧師についても言及している。

さらに、「中国政権が新疆ウイグル自治区で100万人を超えるウイグル族およびその他のイスラム系少数民族を恣意的に拘留した」とし「法輪功学習者に対する拘留、苛酷行為も絶え間なく行われている」と強調した。

米ニューヨークに本部を置く法輪大法情報センターによると、1999年に中国共産党が法輪功に対する組織的な弾圧と迫害を開始して以来、数百万人の法輪功学習者が刑務所や強制収容所などに収監され、そのうち数十万人がひどい拷問を受けたという。

中国共産党による法輪功の迫害を追跡する米国のウェブサイトMinghui.orgは「中国の迫害で法輪功学習者が死亡した事件は昨年だけでも少なくとも172件あった」と告発した。

続けて「2023年1~6月まで、わずか6か月間で少なくとも120人の法輪功学習者が死亡したことが把握された」と伝えた。

バード議員は「私たちが強硬な立場を取ることで、中国政権の弾圧行為が根絶され、多数の宗教人が宗教の自由を享受できるようになることを願っている」と表明した。

また、アルフォード議員は「この法案は明確なメッセージを含んでいる」とし「米国は宗教の自由が侵害されるのを黙って見ているだけではない」と述べた。

台湾在住のジャーナリスト。米国、中国、台湾のニュースを担当。台湾の国立清華大学で材料工学の修士号を取得。
関連特集: 時事