大紀元時報
トップ 死刑囚
死刑囚
国際肝臓学会(IASL)はこのほど、「肝臓移植研究のデータは死刑囚の臓器に由来する可能性があり」との理由で、傘下の医学誌「国際肝臓(Liver International)」電子版に載せた中国臓器移植専門の医師2人の論文の取り下げと、今後2人の論文をいっさい掲載しないことを、声明文で宣言した(Christopher Furlong/Getty Images)
臓器移植の闇   国際肝臓学会誌、中国人医師2人永久追放
2017.02.14
20年前の臓器摘出手術について語るアニワル・トフティ医師(大紀元)
英国に亡命の医師 死刑囚の臓器摘出体験語る
2016.03.18
BMJが掲載した「受刑者臓器問題に関する中国政府の文字ゲーム」という見出しの記事(スクリーン・ショット)
中国死刑囚臓器利用停止の声明、「国際社会を騙す文字ゲーム」=英有力医学誌
2015.11.13
死刑囚臓器利用の疑惑が晴れるまで、長春大学との提携を中止するとカナダ・ラヴァル大学は決定。写真は地元紙「ル・ソレイユ」。(スクリーンショット)
カナダ大学、提供臓器問題で長春大学と提携中止 大型病院で「手術練習」
2014.12.24
「臓器狩り」のデモンストレーションで同問題を訴える、米国の法輪功学習者たち(大紀元)
中国警官、市民に血液採取とDNA検査を強制 「臓器狩り」の一環
2014.08.04
中国当局、英国との人権対話を拒否 人権レポートが要因か
2014.04.16
河北省の高級人民法院(高裁) (ROBERT SAIGET/AFP/Getty Images)
臓器移植に必要な高官のために処刑されたのか 過去のえん罪事件が話題
2013.10.01
手術中の医師たち(参考写真、本文内容とは関係がありません)
中国、死刑囚の臓器利用を廃止へ 国内外の圧力で態度変化
2013.08.21
(仮想臓器移植のイラスト)
オンデマンド殺人 中国の「死刑囚」臓器奪取の実態(三)
2013.04.02
(仮想イラスト)
オンデマンド殺人 中国の「死刑囚」臓器奪取の実態(二)
2013.03.29
2012年9月12日、米下院の公聴会で臓器狩りについて発言するスミス議員(撮影:文忠/大紀元)
中国当局、死刑囚臓器提供を再度認める 「もっと黒い裏の暗部を隠すため」
2013.03.01
9月、医療関係者ら専門家による臓器奪取の米国議会公聴会の様子(大紀元)
外科医「私は人を殺した」 中国での死刑囚臓器奪取の実態(三)
2012.12.07
ウイグル人警察官も臓器奪取の実態を証言する、本写真は別人(AFP)
ウイグル人警察官の証言: 地獄からの悲鳴 中国での死刑囚臓器奪取の実態(二)
2012.12.05
処刑所からの証言 中国での死刑囚臓器奪取の実態(一)=イーサン・ガットマン
2012.11.30
李荘弁護士の書き込み。中国の臓器奪取の実態をさらした(スクリーンショット)
「麻酔掛けずに直接摘出」 中国の臓器奪取、凄惨な実態が明らかに
2012.10.24
人体標本展示会を主催する米プレミア・エキシビション社は公式サイトの免責声明文の中で、中国警察当局からの死体提供を認めている(同社公式サイトより)
大連に2つの死体工場 薄熙来・谷開来の関与が問われる
2012.08.19
米著名医学者 「臓器の需要のために処刑している」中国を強く批判
2012.04.03
7月26日、スイスのヌーシャテルで「ル・タン」紙の取材を受けたアブドゥさん(ネット写真)
ウイグル人元特殊警官、欧州逃亡中 スイスメディア「中国の臓器裏取引の重要証人」
2010.07.31
臓器移植手術(Getty Images)
臓器移植数世界2位 提供源に根強い疑惑=中国
2009.08.30
注射刑を執行する死刑バスの内部および外観
銃殺刑廃止 毒物注射処刑拡大か?=中国
2009.07.30
死刑囚の臓器摘出、遺族が陳情・訴訟中=新疆ウイグル
2008.06.29
中国当局の臓器移植誓約、背景に五輪の圧力
2007.10.18
中国当局、臓器移植で世界医学学会と合議書=疑問視される実効性
2007.10.09
 (AFP/Getty Images)
臓器は中国の死刑囚と法輪功学習者から=イスラエル警察、斡旋業者を逮捕
2007.08.11
中国臓器移植新条例公布、臓器出所の問題解決にならず
2007.04.12
(China Photos/Getty Images)
台湾衛生署:台湾患者の渡航臓器移植、9割が中国
2007.02.14
カナダ・バンクーバーの最大手新聞社「バンクーバー・サン(Vancouver Sun)」
カナダ最大手新聞社:臓器移植を求めるカナダ人へ、中国の臓器は死刑囚に由来と警告
2007.02.06
「中国国内において、世界の他地域では考えられないほど豊富な臓器供給がある。そのことは非常に疑わしい」とするベルギー与党のパトリック・ファンクルンケルスフェン議員=写真は2006年10月ブリュッセルで(ERIC LALMAND/AFP/Getty Images)
ベルギー与党議員、中国の臓器売買告発、「中国で死刑囚による臓器提供は、強制的に行われ
2006.12.01
処刑場へ連行される死刑囚。中共側の死刑囚は処刑された後、臓器の行方が不明となる(Getty Images)
ロサンゼルス・タイムズ紙:死刑囚からの臓器摘出認めた中国、世界随一の死刑大国
2006.11.23
アリヤナ・レモース記者(公開されたプロフィール資料より)
中国死刑囚の孤児を報道、ドイツ人記者がCNN記者最優賞受賞
2006.11.18
^