THE EPOCH TIMES

米政権、対ロシア追加制裁を検討 大統領選介入やサイバー攻撃受け

2018年02月22日 11時38分

[ワシントン 21日 ロイター] - 米政府高官は21日、ロシアによる2016年米大統領選への介入疑惑や昨年世界中に被害が広がったサイバー攻撃への対応として、トランプ政権が新たな対ロ制裁を検討していると明らかにした。

トランプ政権は1月、昨年8月に成立した対ロシア制裁強化法に基づく追加制裁を即時履行しない方針を明らかにしていた。

制裁に関する作業に関わっている3人の高官は報道陣へのブリーフィングで、大統領選介入疑惑に対しどのような追加措置を講じることができるか検討が進められていると明らかにした。今年11月の中間選挙に介入する可能性も視野に入れているという。

また、昨年発生した「NotPetya」と呼ばれるサイバー攻撃はロシアが仕掛けたとする声明を米政府が前週発表したことについても、対応を検討していると述べた。

トランプ政権が決定を下す時期や、検討されている制裁の内容には言及しなかった。

高官によると、制裁の一部については、ロシア疑惑を捜査するモラー連邦特別検察官が前週提出した起訴状で言及のあったロシアの団体に対し既に適用されているという。

^