THE EPOCH TIMES

米仏首脳がシリアの化学兵器使用を断定、責任の明確化で協力

2018年04月09日 20時57分

[パリ 9日 ロイター] - マクロン仏大統領とトランプ米大統領が電話会談し、シリアの反体制派地域である東グータ地区で今月7日に化学兵器が使用されたと断定し、協力して責任を明確にすることで一致した。

仏大統領府は9日早くに出した声明で、両首脳は「化学兵器の使用を確認する情報や分析を互いに提供した」と説明。「これに関する全責任を明確にする必要がある」と続けた。

また、両首脳はそれぞれの当局に対し、今後は連携を深め、9日の国連安全保障理事会でも協力するよう指示した。48時間内に再びこの問題について協議する見通し。

中国の今を伝える 大紀元時報を「LINE@」で登録する方法
【Mac/PC】スマホでLINEを起動 > その他 > 友だち追加 > QRコード

【スマホ】下記ボタンをタップ
友だち追加
^