THE EPOCH TIMES

原油先物は小幅高、米中貿易戦争の影響を注視

2018年07月09日 11時34分

[東京 9日 ロイター] - アジア時間午前の原油先物は小幅上昇。市場は米中が前週末に発動した輸入関税の影響を注視している。

0113GMT(日本時間午前10時13分)現在、北海ブレント先物<LCOc1>は前営業日終値比0.14ドル(0.2%)高の1バレル=77.25ドル。

米WTI原油先物<CLc1>は0.08ドル(0.1%)高の73.88ドル。序盤には一時下げる場面もあった。

アナリストは貿易摩擦による世界経済への影響を巡る懸念が原油価格の重しになるとみている。

ただ、オーストラリア・アンド・ニュージーランド(ANZ)銀行は午前のリポートで「短期的にはリビアやカナダの供給障害が価格を押し上げる可能性がある」との見方を示し、最近のデータによると「ヘッジファンドはブレント原油の買い越しを拡大している」と指摘した。

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^