THE EPOCH TIMES
トップ 国際

国際

米政府、EUと協議中は自動車関税導入せず 調査は継続=商務長官
2018.07.27
EU、米国を支援と約束 中国貿易慣行への対処で=NEC委員長
2018.07.27
 7月26日、トランプ米大統領(写真)は、トルコがテロリズムやスパイの罪に問われている米国人牧師を釈放しなければ同国に対し「大規模な制裁」措置を発動すると述べた。米アイオワ州ペオスタの集会で撮影(2018年 ロイター/Joshua Roberts)
米大統領、トルコが米牧師釈放しなければ「大規模な制裁」発動と表明
2018.07.27
 7月26日、米政府は、前日に欧州連合との間で貿易摩擦の緩和に向けた協議で合意したことを受け、カナダ・メキシコとの北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉を前進させる姿勢を示した。米・カナダ国境で2017年4月撮影(2018年 ロイター/Rebecca Cook)
米、EUとの合意受けNAFTA再交渉・対中国の取り組み強化へ
2018.07.27
中国政府は真相の究明と責任者の処罰、再発防止などを掲げ、国営メディアらも世論の尊重を唱えているが、事故業者と監督当局間の癒着疑惑まで浮上するなど、事態は深刻化している (Getty Images)
中国社会を揺るがしたワクチン不正問題  官商癒着が招いた事態
2018.07.26
 7月26日、ドイツのマース外相(写真)は、トランプ米大統領と欧州委員会のユンケル委員長が貿易摩擦の緩和を目指して合意した内容について、歓迎する姿勢を示した。ベルリンで18日撮影(2018年 ロイター/FABRIZIO BENSCH)
米大統領と欧州委員長の合意、ポジティブな結果もたらした=独外相
2018.07.26
大量破壊兵器の拡散阻止、日米などが多国間訓練
2018.07.26
 7月26日、聯合ニュースによると、北朝鮮は、朝鮮戦争(1950─53年)で死亡した米兵らの遺骨を、27日に米側に返還する。写真はシンガポールのセントーサ島で行われた米朝首脳会談の様子。6月撮影(2018年 ロイター/Jonathan Ernst)
北朝鮮、米兵遺骨を27日に返還=聯合ニュース
2018.07.26
7月25日、トランプ米大統領(写真)はロシアが米大統領選挙に介入したとの疑惑を巡る調査が終了した後の来年にロシアのプーチン大統領と再び会談したいとの意向を持っている。ワシントンで24日撮影(2018年 ロイター/Joshua Roberts)
次回米ロ首脳会談は来年、ロシア疑惑巡る調査終了後=ボルトン補佐官
2018.07.26
 7月25日、トランプ米大統領(写真右)は、欧州連合(EU)のユンケル欧州委員長(写真左)と会談し、自動車を除く工業製品に対する貿易障壁の撤廃に向けて取り組むことで合意した。写真はワシントンで撮影(2018年 ロイター/Joshua Roberts)
米・EU、貿易障壁削減へ交渉開始で合意 新たな関税棚上げ
2018.07.26
 7月26日、菅義偉官房長官(写真)は午前の記者会見で、オウム真理教の死刑囚の刑執行が本日行われたと承知していると述べた。写真は都内で昨年7月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)
オウム真理教死刑囚の刑執行、本日行われたと承知=菅官房長官
2018.07.26
 7月25日、米トランプ政権が検討している中東和平案にイスラエルとパレスチナの対立を解消するための強力な経済対策が含まれる見込みだ。写真は中東和平の仲介を担当するクシュナー大統領上級顧問。ニューヨークで2月撮影(2018年 ロイター/Lucas Jackson)
米政権の中東和平案、強力な経済対策含む=ホワイトハウス高官
2018.07.26
 7月25日、自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)のセルジオ・マルキオンネ前最高経営責任者(CEO)が死去した。66歳だった。1月撮影(2018年 ロイター/Rebecca Cook)
S・マルキオンネ氏死去、フィアット・クライスラー前CEO
2018.07.26
 7月25日、トランプ米大統領は、ロシアのプーチン大統領との2回目の会談を、ロシアの米大統領選挙介入疑惑を巡る調査が終了した後の来年まで先送りする。会見する同米大統領。ワシントンで撮影(2018年 ロイター/Joshua Roberts)
トランプ米大統領、プーチン氏との再会談を来年に先送り
2018.07.26
 7月25日、ポンペオ米国務長官は上院外交委員会の公聴会で、北朝鮮が現在も核分裂性物質の生産を継続しているとの認識を示した。ただ、北朝鮮の非核化に向けた交渉は進展していると強調した。公聴会で証言する同国務長官。ワシントンで撮影(2018年 ロイター/Aaron Bernstein)
北朝鮮、核物質の生産継続 非核化交渉は進展=米国務長官
2018.07.26
 7月25日、ポンペオ米国務長官は、米国としてロシアのクリミア半島編入を認めないとした上で、ロシアに対しクリミア占領を停止するよう要求した。写真はクリミア半島とロシアをつなぐ橋。5月撮影(2018年 ロイター/Pavel Rebrov)
米、ロシアのクリミア編入認めず 占領停止要求=米国務長官
2018.07.26
 7月19日、大きな帆布の上で乾燥させた菜種を叩き、種子を振り落としながら、 Liu Dekeさん(73)は巻きタバコをふかしていた。中国湖南省東風村で2018年5月撮影(2018年 ロイター/Ryan Woo)
焦点:農村に帰ろう、中国「Uターン戦略」の見えない勝算
2018.07.26
 7月25日、菅義偉官房長官は午後の記者会見で、政府がベトナムと介護人材の受け入れ拡大で合意したとの報道について、「そのような事実はない」とコメントした。写真は首相官邸で昨年5月撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)
ベトナムと介護人材受け入れ拡大で合意の事実ない=菅官房長官
2018.07.25
 7月25日、オーストラリア連邦統計局が発表した第2・四半期の消費者物価指数(CPI)統計では、コアインフレ率が豪準備銀行(中央銀行)の目標を下回る水準にとどまり、緩和的な金融政策が長期にわたって続くとの見方が強まった。写真はシドニーのショッピングモールで昨年7月撮影(2018年 ロイター/David Gray)
第2四半期の豪CPIは依然低水準、緩和的な金融政策継続へ
2018.07.25
 7月24日、米下院歳入委員会のブレイディ委員長(共和党)は、個人所得税減税の恒久化などを盛った一連の追加税制改革案を共和党下院議員に提示した。写真は会見する同委員長。4月にワシントンで撮影(2018年 ロイター/Joshua Roberts)
米下院共和党、追加税制改革案明らかに 減税恒久化や貯蓄促進策盛る
2018.07.25
 7月25日、アジア時間の原油先物は続伸。米原油在庫が予想以上に減少したことを受け、供給過剰への懸念が和らいだ。写真はオクラホマ州の石油掘削機。2015年9月撮影(2018年 ロイター/Nick Oxford)
原油先物は続伸、米原油在庫が予想以上に減少
2018.07.25
7月24日、米共和党のライアン下院議長(写真)は、ロシアのプーチン大統領が今秋に米国を訪れても、米議会上下両院合同会議の演説には招待しないと言明した。写真は24日、ワシントンで撮影(2018年 ロイター/Aaron P. Bernstein)
プーチン氏を米議会の演説に招待せず 訪米実現でも=ライアン下院議長
2018.07.25
ロシア、米中間選挙に介入すると確信=トランプ米大統領
2018.07.25
 7月24日、ポンペオ米国務長官(写真)は、北朝鮮がミサイル実験施設の解体に着手したとの報告は、同国が前月の米朝首脳会談で示したコミットメントと一致すると述べた。6月撮影(2018年 ロイター/Carlos Barria)
北朝鮮の実験施設解体、米朝首脳会談での確約に一致=米国務長官
2018.07.25
 7月24日、トランプ米大統領の長女で、大統領上級顧問を務めるイバンカ・トランプ氏は、自身の名前で展開してきたファッションブランドを閉鎖する方針を発表した。(2018年 ロイター/Shannon Stapleton)
イバンカ氏、ファッションブランド閉鎖へ 大統領顧問の職務に専念
2018.07.25
7月24日、中南米の主要国で構成する太平洋同盟とメルコスルは、通商・経済関係を緊密化する決意を表明した。米国発の貿易戦争のリスクに対抗する。写真は会議でスピーチするメキシコのペニャニエト大統領。 プエルトバジャルタで撮影(2108年 ロイター/Carlos Jasso)
太平洋同盟とメルコスル、経済関係緊密化を表明 貿易戦争に対抗
2018.07.25
 7月24日、ポンペオ米国務長官は、オーストラリアのビショップ外相と会談し、南太平洋諸国は中国より米国との同盟を選ぶとの自信を示した。写真は国連で会見する同国務長官。ニューヨークで20日に撮影(2018年 ロイター/Brendan McDermid)
南太平洋諸国、中国より米国との同盟選ぶ=ポンペオ米国務長官
2018.07.25
 7月24日、イスラエル政府は、ゴラン高原上空でイスラエル領空を侵犯したシリアの戦闘機を撃墜したと発表した。イスラエルとシリアの国境で上がる爆炎。23日イスラエルで撮影(2018年 ロイター/Ronen Zvulun)
イスラエル、領空侵犯のシリア戦闘機を撃墜 シリアは領空内と主張
2018.07.25
ロシア、トランプ氏のプーチン氏招待確認、他にも会談の機会ある=補佐官
2018.07.25
 7月16日、モンテネグロの景勝地モラカ川渓谷では、コンクリート製の巨大な柱の上にいる数十人の中国人作業員が、最先端の高速道路を敷設する工事を行っている。2018年6月撮影(2018年 ロイター/Stevo Vasiljevic)
焦点:モンテネグロを悩ませる中国の「行き先のない高速道路」
2018.07.24
^