世界保健機構(WHO):心身の健康に新基準

2005/05/07 23:48
【大紀元5月3日】現代社会は、生活と仕事のリズムが益々速くなり、健康生活の基準に関して新しい概念が生まれた。世界保健機関(WHO)はこのほど、心身健康について新たに以下の七項目の新基準を提案した。

快く食べられる

好き嫌いがなく、偏りもなく、美味しくて食事を食べることが出来る。
もし食欲がない状態は続くなら、胃腸或は肝臓に問題があることを示している。     

快く眠れる

寝つきがよく、快眠できる。目覚めるときに頭がすっきりして元気いっぱいである。

逆に睡眠時間が長すぎて、寝起きに体がだるくて疲れが取れない場合に、心理や内臓機能の問題があることを意味している。

神経系の興奮と抑制及び内臓機能の強調が順調であることは、快眠できる重要な条件である。

快く排泄できる

大小便の排泄が快く出来る。排泄した後に気分爽快で、すっきりした感じがある。この状態であれば、胃腸が順調に働いていることを意味している。

快く話せる

話が流暢で、論理性がよく、応答が速くて意思表示が適切で、発声の力がしっかりしていることは、心肺の機能がうまく働いていることを示している。

快く歩ける

歩行が自由自在に出来る、歩調に協調性が良く、足の力が強くて軽く歩ける。体の回転が俊敏で、反応が早く、動作のリズムも良く出来ることは、精力旺盛で、体と手足の働きが良好であることを示している。

病気によって身体が弱くなる場合に、足から先に症状を現れてくる。内臓の疾患に罹っている場合、よく足が重く感じる。気分が憂鬱で、心がすっきりしない場合にも、手足の脱力感や足の重い感がよく現れてくる。

温和の個性

性格が穏やかで、言動が適切で周りに違和感を与えない。環境適応力が良く、抑圧感や興奮感があまりない。しっかり目標を持って、心根がよい。感情が豊かで、生活に情熱がある。楽観的で、心が広い。社会に責任感があり、現実に踏まえて物事を考える。人間関係が良くて人々に溶け込みやすい。周りの状況変化に動揺されず、いつも落ち着いて対応することができるし、考え方に一貫性がある。

良好の人間関係

適切な言葉使いで、人々と溶け合いしやすい。謙虚の心を持ち、感情が友たちと共有できる。広い交友関係があり、親しい友達が多い。周りの人が心を開いて自分の素直な気持ちを訴えてくることがよくある。
注目記事
^