湖南省:病死したブタの加工品が市場へ

2005年08月11日 07時26分
 【大紀元日本8月11日】中国湖南省宜章県の東にある「宜章県畜牧水産局病死動物無害化学処理場」(以下処理場)が病死の動物を食品に加工して市場に出しているという読者からの告発を受け、湖南省の地方紙「三湘都市報」の元記者・李凌氏と李根氏がこのほど事情調査を行ったところ、同処理場が病死のブタを腊肉(=燻製にした肉)や食用ラード、飼料などに加工して市場へ出し、不正な利益を得ていることが明らかになった。当事件を調査した二人の記者は、調査結果を報道したため解雇され、現在失業中である。中国輿論監督ネット(民間サイト、中国当局によりすでに閉鎖された)が伝えた。

 処理場は現地政府機関・宜章県畜牧水産局からの許可を受けて行っているという。病死のブタは水産局から仕入れ、加工された食品は郴州などの地域へ売り出している。

 同水産局は京珠高速道路で、動物防疫監督臨時検査コーナを設け、往復の車両に病死した動物があるかどうかをチェックし、発見した場合、焼却費として一匹あたり50~200元を徴収し、動物を農用運送車両で処理場まで運びさらに処理場に売り渡す。

 処理場の職員の話しによると、ブタ肉は主に食用のラードと腊肉に加工され、大歓迎されている。ブタの皮は塩で処理した後に皮革製造会社へ売っている。油かすは餅に加工し飼料に用い、骨は粉にして同じく飼料として使う。また、処理場の責任者によると、水産局へ諸費用を支払わなければならないためコストは高くなり、ラードの最低価格は3500元/トンという。
処理場の鉄門(処理場から県まで約4キロ)(李根氏撮影)


高速道路にある「湖南省境界動物防疫監督宜章臨時検査コーナ」


処理場(水産局は本来の弾薬倉庫を処理場に利用)



関連キーワード
^