車を待つ合間のやるせない出来事

2005年09月01日 12時06分
 【大紀元日本9月1日】
独り寂しくガラスの扉にもたれている老人を見て、私は、一種のやりきれない思いにおそわれた……。その顔は、どうしようもなく無力な、希望の光を失った顔であった。(大紀元)


日が傾き、夕日が開封駅の広場を赤く染めた。老人は、その光が間もなく去りゆくことを感じ取っているかのように、その沈んで行く夕日の方向を眺めていた。(大紀元)


車の遅れで、一時間ばかり時間ができたので、私は暇つぶしに駅の周りを歩いてみた。駅前の広場には極めて無秩序に車が止まっている。ここでは、誰でも好き勝手に車を止めていいらしい。(大紀元)


私の傍らで、一人の年老いた盲目の琴弾きが手製の琴を弾いていた。突然、そこに一人の警官がやってきて、老人の琴を奪い取り、それを打ち壊した。(大紀元)


手製の琴を壊され、生活の糧を失った年老いた琴弾きは、どうしたらよいか分からず、さまよっていた。(大紀元)


琴を失ってしまった年老いた琴弾きは、なぜか駅の待合室に入りたいようであったが、待合室に入ろうとした途端、マイクで駅員に咎められた。(大紀元)


盲目の老人は、呆然とその場に立ち尽くしていた。(大紀元)


関連キーワード
^