印刷版   

7月5日、小泉首相は北朝鮮が7発目のミサイルを発射した情報は受けていると述べた。代表撮影(2006年 ロイター/Itsuo Inouye)

北朝鮮による7発目のミサイル発射、情報は受けている=首相

 小泉首相は5日、官邸で記者団に対し、北朝鮮が7発目のミサイルを発射したという情報について「そういう情報は受けている」と述べ、確認した。ただ10発のミサイルを発射したと一部で伝えられたことに関しては「分からない」と述べた。

 インタファクス通信は、ロシアの軍関係者が、北朝鮮が発射したミサイルは全部で10発だったことを明らかにした、と伝えている。

 今後もミサイルを発射する可能性については「可能性については否定できない」と語った。

 小泉首相は「どういう意図があるにせよ、北朝鮮にとってプラスはない。この点を良く北朝鮮側は考えるべき。どういう思惑かなかなか分からないが、日本に対しても、米国に対しても、他国に対してもプラスはない」と強調した。

 日朝平壌宣言の有効性に関しては「この方向を尊重して、お互い努力しようと言うこと。そのような働きかけを北朝鮮側も誠実に遵守していくのが良い」と指摘した。日朝平壌宣言を破棄するかどうかについては「守っていくことが両国にとって望ましい、という努力は続けていかなければならない。違反しないように、という働きかけが必要だ」と述べた。

 日本はこれまで、北朝鮮に対し「対話と圧力」という姿勢だったが「対話と圧力は必要。対話なしでは解決できない。対話の余地は常に残していかなければならない」と指摘した。

 送金停止などの金融措置の必要性については「どういう圧力があるか、決めるべきではない。いろいろな問題を検討していかなければならない」とした。

 また、ミサイル発射を受けて以降は、ブッシュ米大統領と意見交換をしていないことを明らかにした。

 [ロイター7月5日=東京]

 (06/07/05 19:41)  





■関連文章
  • 北朝鮮のミサイル開発中止・廃棄・輸出停止を求める=官房長官(06/07/05)
  • 北朝鮮のミサイル発射、国連安保理付託を検討=米国(06/07/05)
  • 北朝鮮がミサイル6発発射、別の2発準備=米政府高官(06/07/05)
  • 官房長官声明:北朝鮮ミサイル発射に対し、経済制裁など厳しい措置(06/07/05)
  • 北朝鮮、米国から攻撃されれば核抑止力で「壊滅的攻撃」(06/07/04)
  • 北朝鮮は、米国に対する抑止力を強化する=朝鮮中央通信社(06/07/03)
  • 小泉首相、最後の訪米、日米関係の重要性などを再確認(06/06/30)
  • 現時点での北朝鮮訪問は問題=米国務次官補(06/06/30)
  • 中共海軍のミサイル護衛艦、珠江口水域で海難事故沈没(06/06/29)
  • 北朝鮮、米人権特使の工業団地訪問を受け入れ=韓国当局者(06/06/27)
  • 沖縄駐留米軍、「パトリオット‐Ⅲ」を年内初度配備か(06/06/27)
  • ブッシュ政権は北朝鮮との直接協議検討を=米上院外交委員長(06/06/26)
  • 北朝鮮の金総書記が訪ロの可能性=韓国紙(06/06/23)
  • インタビュー:北朝鮮制裁の具体的措置を検討=麻生外相(06/06/22)
  • 北朝鮮、米偵察機の領空侵犯で軍事衝突の危機発生と非難(06/06/22)