印刷版   

8月7日、英石油大手BPの幹部ら、米アラスカ州油田の操業再開、数カ月要する可能性があることを明らかに。写真はBPのアラスカ横断パイプライン。撮影日不明。BP提供(2006年 ロイター)

米アラスカ州油田の操業再開、数カ月要する可能性も=BP幹部

 英石油大手BPの幹部らは7日、アラスカ州プルドー湾油田の操業再開に数週間から数カ月を要する可能性があることを明らかにした。

 BPアメリカのボブ・マローン会長兼社長は、送油管の腐食が発見されたことを受け、油田からアラスカ横断パイプラインをつなぐ送油管を交換することを決定したと述べた。さらに、安全が確認され次第、操業を一部再開する手段を講じられることを望んでいるとしたが、具体的な日程を言及することは避けた。

 同油田は米国最大規模で、西海岸市場への主要な原油供給元となっている。

(ロイター8月7日=アンカレッジ・米アラスカ州)

 (06/08/08 07:58)  





■関連文章
  • 北朝鮮やロシアなど4カ国の企業7社に制裁措置=米国務省当局者(06/08/06)
  • 米国が制裁を推進すれば原油が200ドルまで上昇の可能性=イラン外務次官(06/08/04)
  • 米フォードがM&A専門家を採用、金融子会社売却の観測強まる(06/08/03)
  • 7月米自動車販売は米メーカーが大幅減、小型車人気でアジア勢快走(06/08/02)
  • 強いドルは米国の利益、中国は一段の為替柔軟性必要=ポールソン財務長官(06/08/02)
  • 米地区連銀総裁ら、利上げ局面は終了間近と示唆(06/08/01)
  • ライス米国務長官、週内にレバノン停戦の実現可能との見解示す(06/07/31)
  • 米国務長官がレバノン訪問を取り止め、イスラエル軍の空爆受け(06/07/31)
  • パレスチナ建国に引き続き焦点合わせる必要=米国務長官(06/07/26)
  • 東大名誉教授・小堀桂一郎氏、「靖国問題は、日中摩擦の原因ではなく結果」(06/07/24)
  • 米株式市場、大型株を中心に買い場が到来=バロンズ紙(06/07/24)
  • 米農務省、BSE監視プログラムの縮小を発表へ=関係筋(06/07/20)
  • イラン核問題、安保理決議案の非公式協議は物別れ=米国連大使(06/07/20)
  • 元北朝鮮人民会議議長・黄長華氏「中朝関係は、根本的に変わらないし、安保理決議案で、北(06/07/20)
  • インフレ高進リスクあるが物価圧力は今後抑制へ=米FRB議長(06/07/20)