印刷版   

中国の金融引き締め策、流動性拡大の懸念が足かせ=中銀副局長

 中国人民銀行(中央銀行)調査局の張涛・副局長は12日、景気抑制のため金融引き締めを強化すれば流動性がさらに拡大する恐れがあり、当局にとって適切な引き締めの度合いを判断するのが難しくなっている、と指摘した。ユーロマネー誌の為替フォーラムで述べた。

 同副局長は、景気抑制策が人民元の上昇期待につながり、中国への大量の資金流入を招く可能性があると指摘。「金融政策は圧力を受けている。一方では、インフレにつながりかねない過度に急速な成長や過熱を防ぐ必要があり、他方では、金融を引き締めれば人民元の上昇を招き、海外から資金が流入して流動性を一段と高める恐れがある。それは大きなチャレンジだ」と語った。

 

[ロイター12日=上海]

 (06/09/13 10:27)  





■関連文章
  • 中国人民元が上昇、切り上げ以来初めて7.97元を上回る元高に(06/07/31)
  • 中国人民銀、人民元の上昇余地に関する中国紙報道を強く批判(06/07/31)
  • 中国人民銀行、8月15日から預金準備率を0.5%ポイント引き上げ(06/07/22)
  • 中国 “経済過熱”の冷却を開始(06/05/09)
  • 中国人民銀行、米国による通貨改革要求を拒否(06/02/25)
  • 人民元切り上げ、世界の市場反応(05/07/23)