大紀元時報

独・ベルギー洪水の死者188人に、メルケル氏が現地視察

2021年7月19日 12時34分
7月18日、欧州西部の記録的な豪雨で発生した洪水による死者はまでにドイツで157人、ベルギーで31人となった。写真は現地を視察するメルケル首相ら。代表撮影(2021年 ロイター)
7月18日、欧州西部の記録的な豪雨で発生した洪水による死者はまでにドイツで157人、ベルギーで31人となった。写真は現地を視察するメルケル首相ら。代表撮影(2021年 ロイター)

[ベルヒテスガーデン/ビショフスヴィーゼン 18日 ロイター] - 欧州西部の記録的な豪雨で発生した洪水による死者は、18日までにドイツで157人、ベルギーで31人となった。

被害が深刻なドイツ西部ラインラント・プファルツ州の町を視察したメルケル首相は同日、洪水の恐ろしさに言及し、迅速な支援を約束した。また、政府は気候変動への対応を改善し、加速させる必要があるとも述べた。

ドイツの死者157人は自然災害による死者数としては過去60年近くで最多となった。

14日から始まった洪水はドイツ西部のラインラント・プファルツ州とノルトライン・ウェストファーレン州、隣国ベルギー東部を襲い、停電や通信障害も起きている。ラインラント・プファルツ州アールワイラー地区では100人以上の死亡が確認されており、水位の低下に伴い、今後さらに遺体が発見される可能性があるという。

各地で行方不明者の捜索が続く中、新たな被害も発生している。

ドイツ南部バイエルン州では18日に鉄砲水が発生し、少なくとも1人が死亡した。

洪水で町に大量の泥が流れ込んだバイエルン州ベルヒテスガーデンの当局者は、17日遅くに状況が急激に悪化し、危機対応の時間がほとんどなかったと説明した。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
^