印刷版   

米インサイダー取引が増加、ヘッジファンドの関与拡大=NY証取

 ニューヨーク証券取引所(NYSE)(NYX.N: 株価, 企業情報, レポート)の規制部門は、2006年にインサイダー取引が行われた疑いのある140の案件を米証券取引委員会(SEC)に報告する見通し。同部門のエグゼクティブ・バイス・プレジデント、ロバート・マーチマン氏が、米上院司法委員会の公聴会で語った。

 マーチマン氏は「過去2年間で、SECに報告したインサイダー取引の数やその複雑性は増した」と指摘、ヘッジファンドのインサイダー取引への関与が拡大しているとの見方を示した。

 NYSE規制部門がSECに報告したインサイダー取引の数は、2004年が68件、2005年は111件で、2006年は前年から26%増となる見通し。

[ワシントン 26日 ロイター]

 (06/09/27 08:22)  





■関連文章
  • 台湾検察、陳水扁総統の娘婿をインサイダー取引で起訴(06/07/10)
  • 株価は業績反映し上昇へ、ヘッジファンドの影響力低下(06/07/05)
  • インサイダー容疑で村上氏を逮捕=東京地検が正式発表(06/06/05)
  • 村上氏、インサイダー取引を全面的に認める=阪神株は売却へ(06/06/05)
  • 台湾の総統府秘書長、反対派からの総統辞任要求を却下(06/06/04)
  • 中共:台湾トップのスキャンダルを喧伝、民主政治称賛のやぶ蛇効果(06/05/31)
  • 陳水扁・台湾総統の娘婿、証券取引法違反等疑惑、事情聴取(06/05/26)
  • 原油価格が続落:3ヶ月ぶり最安値を更新(05/11/14)