印刷版   

中国の外貨準備多様化、市場の反応考えると難しい=SAFE高官

 中国国家外為管理局(SAFE)の高官は25日、高水準の外貨準備を抱える国がドル資産以外に分散するのは、市場の反応を考えると難しいとの見解を示した。

 SAFEの総務部副部長、Guan Tao氏は会合で、中国、あるいは中国の外貨準備管理計画に具体的には言及せず、高水準の外貨準備を抱える国が外貨準備を多様化させることには潜在的な落とし穴があると強調、「これらの国々が外貨準備資産ポートフォリオを大きく調整をするのは非常に難しい」と述べた。ただ、これは個人的見解であって、SAFEの政策ではないとしている。

 Guan氏は「周知のことだが、これらの国の市場での動きはことごとく注目される。過去のことか現在のことかに関係なく、『外貨準備通貨の多様化』を口にしようものなら、市場は必ず反応する」と指摘した。

 中国の外貨準備の構成は国家機密となっているが、銀行業界や学識者の間では、米国債を中心にドル資産が少なくとも3分の2を占めると推測されている。

  Guan氏は、世界貿易における米国の役割は、米国と主要な外貨保有国の間で相互依存関係が成り立っていることを意味している、と指摘。

 「貿易収支が黒字で、外貨収入があれば、その一部をドル以外の資産に投資できるのは確かだが、ドル以外の資産の市場規模は非常に限られているため、大半を米金融市場に投じなければならない」と述べ、したがって巨額の外貨準備を保有する国が大量のドルを売却する可能性は低いとの見方を示した。

[北京 25日 ロイター]

 (06/11/27 13:58)  





■関連文章
  • ドル保有者はリスクに直面している=中国人民銀行副総裁(06/11/25)
  • 中国の外貨準備、原油戦略備蓄などに分散すべき=国家情報センター(06/11/13)
  • 中国、外貨を売る新たな計画はない=人民銀行総裁(06/11/13)
  • 香港の外貨準備高1312億ドルに増加(06/11/08)
  • 中国の外貨準備が1兆ドルに到達=国営テレビ(06/11/07)
  • 中国ネット業界「虎同士の戦争」=フォーチュン誌(06/10/24)
  • 外貨準備の増大、新興国経済のリスクとなる可能性=BIS報告(06/09/11)
  • 中国、外貨準備の伸び抑制へ=曽慶紅・国家副主席(06/09/05)
  • 7月末の中国外貨準備は9545億ドル=国家副主席(06/09/05)
  • ドル資産売却すれば中国自身に打撃=全人代副委員長(06/09/04)
  • 9000億ドルに迫る中国の不良債権額 外貨準備高を超える(06/05/04)
  • 中国の外貨準備高世界第一位に、日米の外為圧力必至か(06/04/02)
  • 上海金融業界、人民元レート上昇加速を予測(05/12/31)