印刷版   

B・リーの半生、中国でTVドラマ化

 伝説の格闘技スター、ブルース・リー氏が亡くなって34年。その半生を描いたテレビドラマが中国で製作された。

 中国の中央テレビ局(CCTV)が650万ドル(約8億円)を投じた全50話の同長編ドラマでは、リー氏を中国の国民的英雄として紹介。撮影は8週間かけて、リー氏の父と祖父の故郷でもある広東省の佛山で行われた。リー氏自身も5歳までそこで暮らしていたという。

 CCTVは海外でも放映したいとしているこのドラマには、中国国民に英雄の生きざまを知ってもらうだけでなく、2008年の北京五輪に先駆け、中国文化を知ってもらうという使命もあるようだ。

[北京 21日 ロイター]

 (07/06/23 01:22)  





■関連文章
  • スタートレックの部屋、ネット競売で1億円に(07/05/20)
  • 「ロシアの白熊」が国内政局に遺したもの(07/04/25)
  • 農暦2月2日「龍が頭をもたげる日」(07/03/27)
  • 米ドラマ「プリズン・ブレイク」、中国のTVで英語教材に(07/03/18)
  • 米スターバックス、独自の音楽レーベルを設立(07/03/14)
  • S・スタローン、ロッキー完結編のプレミアに登場(07/01/17)
  • J・デップ、「ピープルズ・チョイス・アワード」で最多ノミネート(06/11/09)
  • ぺ・ヨンジュン、心の悩みを明かす(06/05/30)
  • マイケル・ジャクソン来日、都内の児童養護施設を慰問(06/05/29)
  • ブルース・リーのかつての恋人・丁佩氏、自叙伝を近刊(06/04/28)
  • 英国最大金額強盗事件、9歳男児が英雄(06/03/02)
  • 写真報道:台北、中共の迫害に反対・人権擁護キャンペーン(06/02/28)
  • 「韓流」がアジアの大衆文化を変える(06/01/28)
  • ウクライナ人団体、NYT紙にデュランティー氏のピューリツァ賞受賞取消を要求(05/11/25)
  • 韓国時代劇「大長今」が香港で人気を集める(05/05/17)