化学精錬工場付近で、村民千人以上が鉛中毒=中国湖南省

2007年11月18日 10時12分
 【大紀元日本11月18日】中国湖南省邵陽市洞口県石江鎮で最近、大勢の村民の血液から国の基準を超える鉛が検出された。現地の鉛合金精錬工場による汚染が疑われ、村民らが現地政府への陳情を繰り返し、抗議行動を行ってきた。現在、工場は操業を停止している。

 香港紙「太陽報」によると、今年8月末、石江鎮の幹木村と周辺の3つの村で、児童が腹痛、吐き気、脱力、食欲の低下、反応が鈍いなどの症状を現し、急激に痩せる症状なども出ているという。現地の病院が検査した結果、4つの村で千人以上の血液から国の安全基準100mgを超える鉛が検出され、その大半は未成年者である。そのうち2人の児童の血液鉛含有量は安全基準の3倍に達し、鉛中毒と診断された。

 現地では、鉛中毒の治療費用が高く、今回のケースで平均1人の児童患者が1千元(約1万5千円)以上の治療費を費やした。生活が決して豊かでない親たちは悲鳴を上げ、窮地に立たされている。

 現地の養鶏業者によると、鉛による汚染がささやかれてから、鶏の売値は約3割も下がった。

 村民たちは、今年6月から現地で操業し始めた鉛合金の精錬工場が汚染源と疑っている。村民からの情報によると、この工場は毎日深夜から翌日の朝方まで、白い排気ガスを排出している。その煙が山の谷を沿って村に流れてくる。工場付近の村では、樹木が1万本以上枯れてしまった。また、村民らが自主調査した結果、現地に移転される前の工場でも、昨年、従業員2人が死亡したという。死因は鉛中毒と疑われている。多くの従業員は深刻な鉛中毒を患っているという。

 村民は現地政府に対し、工場の閉鎖を繰り返し要求してきたが、相手にしてもらえなかった。そのため、9月上旬に村民が工場を包囲し、抗議活動を行い、操業の自粛と被害者への損害賠償などを求めた。その間、双方が衝突し、3人の村民が暴行を受け負傷した。10月中旬から、工場は操業を停止した。

 一方、現地の環境保護局の幹部は、鉛中毒の事実を否認し、村民の過敏反応であると主張しているが、児童を中心に大勢の村民の血液から安全基準を超える鉛が検出されたことについて、原因究明できないでいる。

 現地の村民は、この環境での子育てに不安を抱いており、我が子を他の地域に移住させている。現在、残された児童は約4割弱しかいないという。

 
(翻訳・叶子)


関連キーワード
^