印刷版   

中国国防費17・6%増、20年連続2桁

 【大紀元日本3月4日】中国は2008年(1月~12月)国防費予算を前年比17・6%増の4177億元(約6兆円)に計画していることが4日明らかになった。20年連続の2桁の伸びを示したことで、欧米諸国並びに周辺地域の警戒がさらに高まるものと思われる。ロイター通信が伝えた。

 明日開幕する第11期全国人民代表大会(全人代)第一回会議の姜恩柱報道官が記者会見で明らかにした。姜報道官によると、軍事関連装備の向上のほか、軍人への給与アップと、士官教育の改善に使われるとし、「軍事関連装備費の適切な増加により、防衛能力が向上する」と述べた。

 昨年は、17・8%の増加で10年で最高を記録したが、公式の支出は3509億元(約4・5兆円)だった。専門家によると、実際の軍事費はその3倍にも上るという。

 姜報道官によると、中国の国防費は、経済全体からみれば、他国よりもずっと低いという。中国政府側は、軍隊は平和の発展を求めており、防衛の目的のみで、戦艦やミサイル、戦闘機などの兵器を近代化する必要があるとしている。姜報道官は「中国は国防政策にのみ集中している。中国の限定された軍事力はすべて独立と主権、領土の保全のためにある。中国はいかなる国の脅威にはならない」と述べた。

 しかしながら、米政府高官らは、中国の増大する軍事力は台湾に向けられていると見ている。中国は台湾を自国領土と主張し、3月22日の台湾大統領選を注視している。

 中国と台湾は1949年以降対峙しており、北京は台湾を統治下に戻すことを主張している。台湾が独立する動きを見せるのであれば、中国は軍事力を行使する可能性も見せている。

(翻訳編集・月川)

 (08/03/04 16:30)  





■関連文章
  • 江沢民の側近、第17回党大会代表に落選、その裏事情(07/08/16)
  • 闇勢力、中国全人代に深く浸透(07/08/08)
  • 中国山東省済南市:女性幹部の爆殺事件、全人代代表を拘束(07/07/25)
  • 景気過熱の兆候が増大、警戒要=中国全人代委員会(07/07/18)
  • 中国軍幹部に若手登用、胡主席の布陣か=専門家(07/07/07)
  • 中国軍事増強、資源と領土拡張が狙い=米国防総省白書(07/05/27)
  • 「物権法」は誰の利益を保障しているのか?(07/05/01)
  • 林保華:日中関係の火と氷(07/04/04)
  • 六四天安門被害者遺族ら、事件の真相公開を要求(07/03/11)
  • 「今後100年間は民主化しない」=温家宝首相、文書で示唆(07/03/09)
  • 中国株式市場はバブル─全人代副委員長=英紙(07/01/31)
  • 北京:全人大会場周辺、直訴者多数が強制連行(07/01/27)
  • 中国全人代、3月に法人税の一本化法案を審議へ(07/01/24)
  • 中国、外貨準備にユーロ債の採用を検討=全人代常務副委員長(07/01/12)
  • 米政府、シリアとイランなどが「レバノン政府転覆を画策」と非難(06/11/02)