THE EPOCH TIMES

人権聖火台湾リレー終え、いよいよ日本に

2008年06月15日 10時51分
 【大紀元日本6月16日】法輪功迫害真相調査連盟(CIPFG)が主催した「グローバル人権聖火リレー」は6月初めに台湾に到着して、23県市を渡って聖火リレーを行った、6月15日午後、北県県立板橋スタジアム広場で無事終了した。午後から時々雨が降ったが、約3百名のリレー参加者は雨をものともせずに出発した。いよいよ、人権聖火は6月18日より日本の旅を始める。

  CIPFGは午後板橋スタジアム広場で「グローバル人権聖火リレー」台湾での最後のイベントを行った。数百人が参加し、人権聖火を迎えた。CIPFGメンバー・立法委員・田秋菫氏、県議員王景源氏、林秀恵氏及び板橋市代表会副主席張宏銘氏らが挨拶した。

  「グローバル人権聖火リレー」は昨年8月にギリシアで発足以来、順次に五大陸、34ヶ国の100以上の都市をリレーした。現場にいた民衆は司会者と共に「人権聖火、世界リレー、迫害停止、人権を守ろう」と大きな声で宣言した。

  田秋菫氏の話によると、今回活動はうまく行くと思わなかったが、いい結果を迎えた。この結果は人々の正義感を証明したという。

  参加者代表が順次に挨拶すると、雨が降り始めた。しかし、イベントは計画通りに進んでいた。三百人の聖火リレー参加者はリレーを完成した後に、日本代表・新城博子氏に人権聖火を渡した。新城博子氏の話によると、日本各界は人権聖火のために屋外コンサートを用意した。日本社会の関心を呼ぶために努力しているという。

  主催者側の情報によると、日本の次に、7月2日に韓国、7月18日にマカオ、7月20日に香港の終点に到着する予定。

   
(翻訳・侍傑)


関連キーワード

関連特集

^