印刷版   

新型インフル:米国人初の死者、30代女性=米テキサス州

 【大紀元日本5月6日】米テキサス州保健当局が5日明らかにしたところによると、同州在住の30代女性が今週初めに死亡した。先月27日にメキシコとの国境の町ブラウンズビルでなくなったのは、メキシコシティー在住の乳児だった。米国在住の新型インフルの死亡者は、この女性が初めて。ロイター通信が伝えた。

 同州保健当局によると、「慢性的な疾患」があるこの女性は、メキシコ人乳児が亡くなったブラウンズビルのあるキャメロン郡で亡くなった。

 米国疾病予防管理センター(CDC)によると、同国38州で403の感染例が確認された。感染は他の州にも拡大し、重症や死亡などが予測されるが、今のところは、感染の影響は軽度であるという。

(記者・佐藤)

 (09/05/06 09:52)  





■関連文章
  • 新型インフル蔓延、マスクを装着した旅客が増加=台湾(09/05/04)
  • 【新型インフル】中国も感染の疑い、政府は感染源中国説を否定(09/05/02)
  • 新型インフル:米政府関係者メキシコで感染(09/05/02)
  • WHO、中国大陸の新型インフル患者の存在に懐疑(09/05/01)
  • 米上院議員、北京に高智晟氏の釈放を呼びかけ(09/04/27)
  • 北朝鮮、米国籍女性記者を裁判に(09/04/24)
  • 絶妙な自然の雪景色―雪巻き(09/04/23)
  • 大規模食品汚染=米国加工業者ピスタチオ100万ポンドを自主回収(09/04/05)
  • 米国、中国軍事力レポートを公表(09/03/30)
  • 中国の元諜報員:中共当局は海外で膨大な情報ネットを持つ(09/03/25)
  • 米国イリノイ州:ミサ中に発砲、牧師死亡(09/03/09)
  • 2009年神韻世界ツアー、米国で開幕(08/12/22)
  • 全世界中国料理コンテスト、入賞者・伊賀稔さんに聞く(08/12/07)
  • 崖っぷちの北京(08/12/07)
  • 米製造粉ミルクから微量メラミン=FDA(08/11/27)