印刷版   

今月6日、米連邦議会で「ラントス人権賞」を受賞したダライ・ラマ14世(Mark Wilson/Getty Images)

ダライ・ラマ、中印国境訪問の意向 中国は反発

 【大紀元日本10月27日】チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世が来月8日、インド北東部のアルナーチャル・プラデーシュ州を訪問する意向だという。ロイターがダライ・ラマ側近の話として伝えた。同州を巡る国境問題は中印関係の火種となっており、今回のダライ・ラマの訪問に対して中国側は強く反発している。

 中国外交部の馬朝旭報道官は20日、北京の定例記者会見で「ダライ・ラマの、いわゆるインドのアルナーチャル・プラデ-シュ州訪問に中国政府は断固として反対する」と述べ、今回の訪問について「中国を分裂させようとするダライ・ラマの本質をさらに暴露したものだ」と強く批判した。

 一方、ダライ・ラマ側は「宗教的な訪問」として政治的意図はないと主張している。

 インド外交部は「同州はインドの一部であり、ダライ・ラマは国内のどこへでも行くことができる」と述べ、容認する考えを示していた。

 中国とインドの間に広がるアルナーチャル・プラデーシュ州では、土地をめぐる中印の争いが絶えない。62年には国境紛争で中国軍がチベット仏教の聖地タワンを含む同州全域を一時占領した。現在、同地区はインドの実行支配下に置かれているが、中国は歴史的観点を理由に同州全域を「中国のもの」と主張している。

(翻訳編集・楊J)


 (09/10/27 06:29)  





■関連文章
  • ダライ・ラマ14世に「ラントス人権賞」、中国当局は反発(09/10/14)
  • ダライ・ラマとの面会を延期、対中配慮か 米大統領に批判集中(09/10/08)
  • 米国下院と欧州議会で、中国の民主・人権問題を問う(09/10/03)
  • 中印国境タワン地区、緊張の焦点に(09/09/12)
  • 中国共産党は政権を譲るべき=ダライ・ラマ14世(09/09/07)
  • ダライ・ラマ、台風被災地の慰問で訪台 与党、面会を拒否(09/09/01)
  • 台湾の民間がダライ・ラマ訪台を要請、政府にビザ発給求める(09/08/28)
  • チベット人にダライ・ラマ肖像の配布を指令、意図不明=中国(09/07/28)
  • 寺院・緑地の強制収用、チベット人1万人が抗議(09/07/12)
  • ダライ・ラマ、パリ名誉市民授与 中国当局強く反発(09/06/09)
  • デンマーク首相、ダライ・ラマと会談(09/06/03)
  • ダライ・ラマ、中国の洗脳教育を語る「中共入党まで考えていた」(09/05/09)
  • 拡大するハッカー攻撃、大半が中国から(09/04/15)
  • ダライ・ラマ14世インド国籍取得、宗教への包容性を提起(09/04/07)
  • 中国大型スパイ・ネット、103カ国に侵入(09/04/01)