THE EPOCH TIMES

神韻2011世界ツアー 感動を世界へ 日本へ

2010年12月25日 09時50分
 【大紀元日本12月25日】12月17日午後の神韻ダラス公演開幕により、「神韻2011世界ツアー」がいよいよ始動した。神韻芸術団による本格的な世界巡回公演が始まった2007年から、今回で5回目となる。

 米テキサス州ダラスでの公演も今回で5回目。現地では、今回初めて神韻を鑑賞する観客ばかりでなく、過去に何回も見たという熱烈な「神韻リピーター」も多く、あの感動を今年も味わいたいと、公演初日からたくさんの人が会場に詰めかけた。

 神韻ダラス公演での、観客の感想の一部は次の通り。

 舞踊家のナツキ・カイトさん「本当に美しく優雅な舞踊だった。私は舞踊家として多くの舞踊を見てきたが、この神韻の舞踊には心から敬服する。神韻は、まさしく私たちに希望を与えてくれるものだ。来年の神韻が今から待ち遠しい」 

 
舞踊家のナツキ・カイトさん(左)(大紀元)

元バレエ・ダンサーで日系女性のキャシー・Kさん「あまりの美しさに、こちらの息が止まりそうだった。舞踊は、その色彩も衣装も、目が眩むほどの極美だ。これほど観客を感動させる理由は、出演者の技術の高さだけではなく、その内面の美が表出しているからに違いない」

 
元バレエ・ダンサー、キャシー・Kさん(大紀元)

舞踊服飾専門家のスコット・エスカリッチさん「私は、自分の専門である舞台衣装に、特に注目していた。それで分かったことは、これほどの衣装を製作することは私にはできないということだ。これらの衣装は、まさしく千金に値するほど貴重なものだ。信じられないほど、すばらしい」

 
舞踊服飾専門家のスコット・エスカリッチさん(左)と、その母マリリンさん(大紀元)

今回の世界ツアーにおける日本公演は、来年4月20日から29日までの間に、東京・仙台・西宮・広島の各都市で8回の公演がおこなわれる予定。

 神韻日本公演の主催者・NPO法人日本法輪大法学会による案内パンフレットは、神韻を次のように紹介する。

 「神韻は、多くの意味で、中国本来の伝統文化そのものと言えます。中国五千年の文明を通して凝集された、優雅、智慧、道徳を咀嚼しながら生み出された舞台です。(中略)神韻芸術団の特徴は、中国共産党からあえて独立した立場にあることです。数十年にわたる中共政権下で芸術は誤用され、真の芸術は衰退してしまったため、神韻のような舞台を、現代中国ではもはや鑑賞することができないのです」

 神韻日本公演も今回で5回目となる。毎年、全て一新される演目の数々を携えて、世界人類に感動と希望を伝える美しき使者が、再び日本へやって来る。

(牧)


関連キーワード

関連特集

^