THE EPOCH TIMES

光る豚肉、また発見!原因不明と当局=中国

2011年12月15日 09時24分
【大紀元日本12月15日】「初めて光る豚肉を見た。びっくりした」-こう話すのは北京市在住の李さん。4日、近くの市場で1キロほどの豚肉を購入した。見た目には何ら普通の肉と変わらない。寒い冬場のため、肉を冷蔵庫で保存せず、台所にそのまま吊るしておいた。

 7日の夜、飼っている猫に食べられてしまうからと、李さんは肉を寝室に移した。8日の早朝、起床した李さんは目にした恐ろしい光景に驚いたという。

 「青々しく光っているものがある。ぼんやりとしてて、気味が悪かった」。確認したら、発光源はあの豚肉だった。

 これを報じた北京大衆紙・新京報の記者もこの「光る肉」を確認した。暗いところで見ると、青い光を放っていた。

 李さんは肉を水で何度も洗ったが、それでも光りは取れない。

 肉を販売した店の店主に見せると、店主は驚き、肉を全部正規のルートから入荷したという。すべての肉に検査済の印が押されている。

 北京市通州区動物検査検疫所の職員によると、問題の豚は飼育のとき、基準値を超えたリンを含む飼料を与えられた可能性があると答えた。または蛍光菌という細菌に感染したかもしれない。肉を切り分けるとき、この菌に感染すると、肉が光ってしまう恐れがある。

 ほかの職員も、時々光る豚肉の話を聞くという。「原因は分からない。成分を検査したこともあるが、特に異常はなかった」と話す。

 光る肉が発見されたのは今回初めてではない。2007年に西安市で見つかって以来、北京、上海、瀋陽、武漢、長沙など各地でも見つかっている。

 食品衛生の専門家・董金獅氏によると、肉の贅肉部分を美味しそうに白く見せるため、蛍光増白物質が塗られた可能性があると指摘した。普通の水洗いでは落とすことが難しく、食用には適していないと同氏は述べた。

 (翻訳編集・高遠)
関連キーワード

関連特集

^