トヨタ、EV用AIやビックデータなどで中国テンセントと戦略提携 

トヨタ自動車は25日、中国IT大手テンセント(騰訊)と戦略提携すると発表した。電気自動車(EV)用の人工知能(AI)やビッグデータなどの分野で協力する。
2024/04/25 清川茜

マイクロソフト報告:中国共産党がAIと偽アカウントを利用して米国内の分裂促進

2024年4月4日にマイクロソフトは、中国共産党が人工知能(AI)および偽造されたソーシャルメディアアカウントを利用して、アメリカ国内の分断を深め、政治的不和を助長しているとする衝撃的な報告書を発表した。この報告書は、中国がアメリカだけでなく、世界各地での対立を煽るために高度な技術を使用していることを示している。
2024/04/08 趙鳳華

マスクCEOが確約 8月8日にテスラは革新的ロボタクシーを発売

テスラのイーロン・マスクCEOは、革新的な自動運転タクシー「ロボタクシー」が8月8日に発売されることを発表した。この発表は、テスラの成長が一時停滞している中、市場からの懐疑的な視線の中で、新たな事業展開として注目されている。
2024/04/07 李馨

AIの進化でますます人間に近づいた人型ロボット 「人類の未来への懸念」=専門家

AIの機能が日に日に進化する中、テクノロジー業界の巨人たちは人型ロボットにAIを組み込み、市場での先行を図り、さらには、人間のように様々な役割や課題を処理できる汎用型AI(AGI)の実現を目指している。しかし、AI人型ロボットの高度な模倣能力を目の当たりにした科学者らは、人間の安全への懸念を抱いている。
2024/03/27 呉瑞昌

外交で経済成長を促す 失われた30年を反転=上川外相

3月11日、上川外相は経団連の会合で講演を行った。経済外交の新たなフロンティアの開拓にチャレンジする組織を強化する考えを示し、「失われた30年」を反転させる方針だ。
2024/03/11 清川茜

ウクライナの女性ユーチューバーのAI偽動画が中国SNSで拡散、中国語で中ロ関係を称賛 本人が告発

ウクライナの女性ユーチューバーが、自身の容姿と声を何者かがAI(人工知能)で模倣し、生成した偽動画や偽アカウントが中国のソーシャルメディア上で多数発見されていると告発したことが最近話題になっている。
2024/02/21 河原昌義

押し寄せる失業の波 AIが人類社会を覆すか

オープンAIは2月16日、文章で動画を作成する「Sora」を発表した。
2024/02/20 江楓

Spectee、「南海トラフ地震」の被害想定や対応策をまとめたレポートを無料公開

防災テックベンチャーの株式会社Spectee(東京都千代田区、代表取締役:村上建治郎、以下「Spectee」)は、南海トラフ地震の被害想定やシナリオ、企業や自治体の対応策などをまとめたレポート「しっかりと理解する南海トラフ地震」をアップデートし、最新版として無料公開いたしました。
2024/02/15

2年以内にAIによるサイバー攻撃が増加、世界的な脅威となる=NCSC報告書

1月24日、英国の諜報機関である政府通信本部傘下のNCSCは報告書で、今後2年間で、AIはサイバー攻撃の量の増加に繋がり、世界的なランサムウェアの脅威に寄与することが予想されると指摘した。
2024/01/24 陳霆

猿によるスマホスリ 観光客が物々交換で取り戻す

インドのウッタル・プラデーシュ州にある寺院を訪れた観光客が、猿にiPhoneを奪われました。猿はすぐに高い塀に登ってしまって、近づくことができなくなりました。幸運にも、その観光客は「物々交換」によって。一本の飲み物と引き換えに、スマホを取り戻すことができました。
2024/01/24 陳俊村

選挙活動でAI利用禁じる、米オープンAIが初の措置=米紙

米新興企業オープンAIは、大統領選で民主党候補指名を争うディーン・フィリップス下院議員をモデルにした対話型AI(人工知能)の開発を支援団体に禁じた。政治活動に関して同社のAI技術の利用を禁止するのは初めて。
2024/01/22 Reuters

IMFの研究「AIが40%の雇用に影響する」 テック企業のレイオフは拡大

国際通貨基金(IMF)1月14日に発表した研究によると、世界の仕事の約40%がAIの影響を受ける。
2024/01/19 Aaron Pan

米下院、中国の軍拡を助長する米投資規制法案の可決促す

米議員らは17日に行われた下院外交委員会の公聴会で、対中投資規制を強化する超党派の法案を可決するよう、改めて要求した。

サムスン、同時通訳付きスマホを発表 首位のアップルに対抗

韓国のサムスン電子は1月17日、通話の内容を複数の言語に同時通訳する機能を搭載した新型のスマートフォンを発表した。2023年のスマートフォン世界出荷台数でアップル社が13年ぶりに首位の座を奪還しており、サムスンは新機種で対抗する姿勢だ。
2024/01/18 李馨

中国軍や政府機関、米規制後もエヌビディアの半導体調達

中国の軍事機関や国営の人工知能(AI)研究機関、大学などが過去1年間、米国の輸出規制対象となっているエヌビディアの半導体を調達していることが入札資料で明らかになった。
2024/01/15 Reuters

紛争急増や異常気象、AI利用のデマに警鐘=WEF報告書

世界経済フォーラム(WEF)は10日、年次総会(通称ダボス会議)が15日に始まるのを控え、2024年版の「グローバルリスク報告書」を発表し、世界の先行きは暗いと懸念を示した。
2024/01/12 Reuters

イーロン・マスクのタイガーマザーと子供たち【時代の名人】(前編)

今世界で最も注目されている起業家は誰かと言えば、間違いなくイーロン・マスクでしょう。電気自動車大手テスラのCEOであり、スペースXの創設者であるイーロン・マスクは、2021年11月にアマゾンの創設者であるジェフ・ベゾスやマイクロソフトの創設者であるビル・ゲイツを超えて正式に「世界一の富豪」となりました。それ以来、マスクは長い間最も人気のある人物であり続けているのです。

中国「国家機密・安全を脅かす行為」取締り強化  人権侵害が深刻化か

中国国家安全部が最近、「国家の機密安全を脅かす行為」を取り締まるとして、「秘密保持リスト」を発表した。これは去る7月1日から、新しい「反スパイ法」改正案を施行している中で出た措置で、中国共産党の秘密管理規則が国民の日常まで束縛するという懸念を生み出している。
2023/12/29 李仁和#

アングル:広がるディープフェイク、アジア各地で女性の脅威に

ぴっちりとした伝統服を身にまとったインドの女優、ビキニ姿のバングラデシュの政治家、男性と一緒に写ったパキスタンの若い女性。
2023/12/18 Reuters

中国のAIは「監視と金銭狙いのため」 皮肉った企業家、発言禁止にされる=中国

ある中国人企業家によるSNS投稿が、当局の検閲にひっかかったことがわかった。中国のAI技術は、主に「監視と金銭狙いのために使われている」という。
2023/12/12 李凌, 鳥飼聡

EU、AI利用の包括規制案で暫定合意 違反企業に罰金

欧州連合(EU)は8日、人工知能(AI)の利用に関する包括的な規制案を決め、加盟国と欧州議会の間で暫定合意した。政府による生体認証への使用や「チャットGPT」のような対話型AIシステムの規制方法などが含まれる。
2023/12/09 Reuters

G7首脳テレビ会議を6日夜開催、ゼレンスキー大統領も参加=松野官房長官

松野博一官房長官は6日午前の記者会見で、岸田文雄首相が同日夜に主要7カ国(G7)首脳のテレビ会議を開催し、ウクライナのゼレンスキー大統領も参加すると発表した。
2023/12/06 Reuters