THE EPOCH TIMES

米、中国軍事力報告書を発表「宇宙・サイバーなど各分野に戦闘力強化」

2018年08月20日 14時58分

米国防総省が16日、中国当局の軍事力に関する年次報告書を発表した。米政府は、中国当局が「一帯一路」経済圏構想などさまざまな手段を通じて、国際社会で影響力の拡大を狙っていると指摘した。また、中国当局が西太平洋地域の米軍基地などを狙う爆撃機による空爆能力と、宇宙兵器、サイバー攻撃、電子戦などいわゆる「非対称戦争の軍事力」を強化していることに対して強い警戒感を示した。

一帯一路で影響力拡大

同報告書は、中国軍の近代化に着目し、中国当局が経済力、外交、軍事力などを武器に、隣国など他国を次々と支配下に置こうとしているとの見方を示した。その目的を達成するために、「一帯一路」経済圏構想とアジアインフラ投資銀行(AIIB)を利用していると、米政府が明確に示した。

スリランカやニュージーランド、ギリシャの各国政府が近年、それぞれ国内一部の海湾の長期運営権を中国当局に許可した。同報告書は、中国当局が昨年、東アフリカのジブチで初となる海外での軍事基地の運用を始めたことに言及。ジブチは、紅海とインド洋につながるアデン湾に面している海上交通の要衝だ。

米側は、中国が軍事・貿易において優位性を持つために、世界各地の海上要衝を狙っているとの見方を示した。各国の重要な港を保有すれば、軍事力の拡張によって、今後海外で活発な動きをする中国軍への物資供給の拠点を確保できるという。

昨年中国の国防費は1543億ドルに達した。同年、国防費が552億ドルだったインドの約3倍で、461億ドルだった日本の約4倍、そして台湾の105億ドルの15倍に相当。しかし、米政府は、2017年中国の実際の国防費は1900億ドルを上回ったと推定した。同報告書は、28年に中国の国防費は2400億ドルに上り、米に次ぐ規模まで拡大すると予測。

関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^