大紀元時報

NATOとロシア、INF廃棄条約巡り膠着 米は破棄手続きの公算

2019年01月26日 18時22分

[ブリュッセル/モスクワ 25日 ロイター] - 北大西洋条約機構(NATO)加盟国とロシアは25日、西側諸国が中距離核戦力(INF)廃棄条約違反と主張しているロシアの新型ミサイルを巡りブリュッセルで会合を開いたが、見解の相違は埋まらず、米国が来月初旬に同条約の破棄手続きを開始する公算が大きくなった。

NATOロシア理事会では加盟29カ国の大使がロシアのリャブコフ外務次官に対し、期限の2月2日までに核弾頭を搭載可能の巡航ミサイルシステムを廃棄するよう改めて要請。これに対しリャブコフ次官は、ルーマニアに設置されたミサイル防衛システムがINF廃棄条約に違反しているとし、同条約に違反しているのは米国との立場を示した。

NATOのストルテンベルグ事務総長は「ロシアが迅速に順守することが望ましい。順守されなければ同条約の価値はない」とし、「INF廃棄条約は危機に瀕している」と指摘。

NATO外交筋によると、今回の会議で米国のNATO大使は米国がINF廃棄条約の破棄手続きを2月2日に開始すると表明した。この件に関して米国大使館からコメントは得られていない。

外交筋によると、国連安保理常任理事国のロシア、米国、フランス、英国、中国は今月30日に北京で会合を開き、軍縮について協議する。ただINF廃棄条約が議題に取り上げられるかは現時点では不明。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

^