大紀元時報

EU首脳「中国への生ぬるい対応は禁物」、具体策は見送り

2019年03月23日 12時42分

[ブリュッセル 22日 ロイター] - 欧州連合(EU)首脳らは22日、市場が十分に開放されていない中国はEUの競争相手と見なされ、生ぬるい対応は禁物との見解を示し、警戒感をあらわにした。ただ具体策の取りまとめには至らなかった。

中国を巡っては不当な補助金や国有企業の優遇など、国の経済への関与が問題となっている。EU首脳らは来月4月9日に開かれるEU・中国サミットの席でこうした問題に触れる意向だ。

マクロン仏大統領は記者会見で「欧州が中国に脳天気でいられる時は終わった。EUと中国の関係は貿易ではなく、まず戦略的、地政学的な要因に基づかねばならない」と指摘した。メルケル独首相もユンケル欧州委員長などと同様、中国はパートナーであり競争相手でもあると強調した。

イタリアでは折りしも中国の習近平国家主席を迎え、中国が提唱する巨大経済圏構想「一帯一路」に関する覚書が署名される。イタリアは主要7カ国(G7)として初の「一帯一路」参加国となる。

メルケル首相は「コンテ首相から説明があったが、特に批判はしない。ただEUが一致して対応したほうが望ましいとは前々から言っている」と述べた。

EU首脳らはこの他、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]の問題や、中国からの調達に対し価格調整を行う国際調達規則(IPI)の提案などついても討議した。

^