大紀元時報

ロシア疑惑で多くが不正や背信に手染めた=トランプ米大統領

2019年03月26日 12時23分

[ワシントン 25日 ロイター] - トランプ米大統領は25日、ロシアの大統領選干渉疑惑を巡り多くの人々が不正や背信行為に手を染めたと批判した。

トランプ氏は記者団に対し「捜査の終結を喜んでいる」とする一方「もっと早く終結していればと思う。多くの人々が目にあまる不正行為や国家に対する背信行為を行った」と語った。

具体的な人名には触れなかったものの、議会で偽証した人が大勢いるとし、「彼らはなぜ調べを受けないのか」とただした。ロシア疑惑を巡るモラー特別検察官の捜査については立派だったとした。

バー米司法長官は24日、2016年米大統領選へのロシア介入疑惑を巡る捜査でモラー氏がトランプ陣営とロシアの共謀を認定しなかったと明らかにした。長官はまた、トランプ大統領は捜査の過程で司法妨害を行わなかったと断定した。

^