大紀元時報

米中、通商協議進展との認識表明

2019年03月30日 09時33分

[ワシントン/北京 29日 ロイター] - 米ホワイトハウスは29日、米中が北京で行った通商協議は「建設的」だったとの認識を示し、両国は合意に向け進展しているとの見解を示した。

ホワイトハウスは声明で「米中は率直で建設的な協議を行い、交渉は引き続き進展した」とした。

中国国営の新華社通信もこの日、中国と米国は「合意に関する文書」について協議し、新たな進展がみられたと報じた。

中国の劉鶴副首相はこの日、北京を訪問しているムニューシン米財務長官とライトハイザー米通商代表部(USTR)代表と会談。新華社の報道はこの会談を受けたものだが、これ以上の詳細については報じなかった。

ムニューシン長官は協議後、「USTR代表と私は北京で建設的な通商協議を終えた」とし「来週ワシントンで重要な協議を継続するため中国の劉鶴副首相を迎えることを心待ちにしている」とツイートした。

^