大紀元時報

<独占>山東省の内部文書を入手 感染者が政府発表の数倍〜52倍

2020年02月27日 17時20分
大紀元が入手した内部文書(大紀元)
大紀元が入手した内部文書(大紀元)

大紀元がこのほど入手した山東省衛生保健委員会(保健委)の内部文書によると、実際の中共肺炎(新型肺炎)の感染者数は政府発表の人数の数倍にのぼるという。

同省保健委が2月20日に発表したデータによると、19日に新たに2人の感染が確認された。しかし、同省疾病予防コントロールセンターが保健委に提出した全省検査統計の日報によると、同日、省内の各疾病予防コントロールセンターと病院が行った中共ウイルス(新型ウイルス)検査で陽性反応が出たのは49件だ。

山東省21日の中共ウイルス検査結果総表では、20日、陽性反応があったのは274人。そのうちの1人は以前、すでに陽性を確定し、確認のため検査を受けたため、それを差し引いて同日の感染者総数は273人で、政府発表の202人より71人多い。

また、2月8~22日まで各医療機関から報告された当日の陽性反応検出件数は少なくとも政府発表件数の1.36倍であり、多い日は52倍に上っている。

2月8~22日までの感染者累計数について、内部文書に記された実際の数字は政府発表の2.4倍に当たる。

大紀元が入手した山東省の内部文書。毎日の感染者数と累計数(大紀元)

中国メディア2月7日は中国医学科学院・王辰院長の話として、「核酸検査法(PCR)は30-50%の陽性しか検出できない」と報じた。

(編集翻訳・李沐恩)

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^