大紀元時報

国連安保理非常任理事国にケニアを選出、再投票で

2020年06月19日 14時42分
6月18日、国連総会(193カ国)は、安全保障理事会の非常任理事国(15カ国)のうち任期が終わる5カ国の改選選挙で、唯一決定が持ち越しとなっていたアフリカ枠について再投票を行い、ケニアを選出した。写真は国連のビル。ニューヨークで2018年9月撮影(2020年 ロイター/Carlo Allegri)
6月18日、国連総会(193カ国)は、安全保障理事会の非常任理事国(15カ国)のうち任期が終わる5カ国の改選選挙で、唯一決定が持ち越しとなっていたアフリカ枠について再投票を行い、ケニアを選出した。写真は国連のビル。ニューヨークで2018年9月撮影(2020年 ロイター/Carlo Allegri)

[国連 18日 ロイター] - 国連総会(193カ国)は18日、安全保障理事会の非常任理事国(15カ国)のうち任期が終わる5カ国の改選選挙で、唯一決定が持ち越しとなっていたアフリカ枠について再投票を行い、ケニアを選出した。

前日の初回投票ではメキシコ、インド、アイルランド、ノルウェーが選ばれたが、アフリカ枠のケニアとジブチはともに、必要とされる全体の3分の2を上回るの賛成票を得られず、再投票となった。

選出された5カ国の任期は来年1月1日から2年間となる。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^