大紀元時報

台湾、コロナ市中感染を2例確認 12月22日以来

2021年01月12日 17時56分
1月22日 台湾で昨年12月22日以来となる新型コロナウイルスの市中感染2例が報告された。コロナ患者の治療に携わる医師と看護師が感染した。写真は1月6日、台北で撮影(2021年 ロイター/Ann Wang)
1月22日 台湾で昨年12月22日以来となる新型コロナウイルスの市中感染2例が報告された。コロナ患者の治療に携わる医師と看護師が感染した。写真は1月6日、台北で撮影(2021年 ロイター/Ann Wang)

[台北 12日 ロイター] - 台湾で12日、昨年12月22日以来となる新型コロナウイルスの市中感染2例が報告された。コロナ患者の治療に携わる医師と看護師が感染した。

台湾での新型コロナ感染者は圧倒的多数が海外からの渡航者となっており、昨年4月12日から12月まで市中感染は報告されていなかった。

台湾は予防策の早期導入やマスク着用の拡大で新型コロナ感染封じ込めに成功しており、感染者は839人、うち死者は7人となっている。

ただ台湾政府は、海外からの渡航者に感染者が増加していることを警戒している。

ご寄付のお願い

クレジットカード決済

※銀行振込での単発寄付はこちら
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^