ジェンキンス米国務次官(軍縮・国際安全保障担当)は29日、北朝鮮が28日に実施した新型極超音速ミサイル発射実験を巡り一段の情報収集に努めているとした上で、米国は引き続き北朝鮮との外交交渉再開に前向きとの認識を示した。2014年10月撮影(2021年 ロイター/Denis Balibouse)

米、北朝鮮ミサイル試射巡り情報収集中 交渉再開には前向き

[ジュネーブ 29日 ロイター] - ジェンキンス米国務次官(軍縮・国際安全保障担当)は29日、北朝鮮が28日に実施した新型極超音速ミサイル発射実験を巡り一段の情報収集に努めているとした上で、米国は引き続き北朝鮮との外交交渉再開に前向きとの認識を示した。

ジェンキンス氏は「われわれは北朝鮮との外交促進に向けた取り組みを続けている。北朝鮮が交渉の席に戻ることを望む」と語った。

北朝鮮は新たに開発した極超音速ミサイル「火星8」の発射実験を28日に初めて実施した。北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)が29日伝えた。