バイデン政権、トランプ氏の壁建設を再開 不法移民の溺死など懸念

2022/08/03
更新: 2022/08/03
コメント

バイデン政権は7月28日、米アリゾナ州南部のユマ近郊にある米国とメキシコとの国境における壁建設の再開を承認した。「運用上の影響」と「生命と安全のリスク」を理由としている。壁建設の取りやめの宣言から一転、トランプ政権下で運用されていた国境の壁プロジェクトを引き継ぐ形だ。

米国国土安全保障省(DHS)のプレスリリースによると、壁を建設するのはモレロスダムに近い4つの隙間。不法入国者の最も多い通路の一つになっており、溺死や転落による事故が危ぶまれていた。

トランプ政権下で運用されていた壁建設プロジェクトは、バイデン氏によって撤回され未完成のままになっていた。壁建設を選挙公約としていたトランプ政権下では一時、1日1マイルのペースで工事が進んでいた。

DHSは不法入国者のみならず「捜査官の生命と安全にもリスクをもたらしている」ため「迅速に対応する」としている。

(翻訳編集・山中蓮夏)