大紀元時報
トップ 学習者
学習者
7月18日、米ワシントンでは在米法輪功学習者が、20年前に中国当局が始めた弾圧の停止を呼びかける集会とパレード行進を行った(戴兵/大紀元)
2019.09.17
中国西安市、70歳の法輪功学習者に懲役9年 過去に7年間投獄

中国西北部の陝西省西安市蓮湖区に住む女性法輪功学習者、馬蘊華さん(70)はこのほど、地裁に懲役9年の実刑判決と罰金2万元(約31万円)を言い渡された。馬さんは以前...

中国当局はこのほど、法輪功の資料を配ったとして、上海交通大学の男子学生の鍾一鳴さんを拘束した。写真は交通大学の正門(大紀元資料室)
2019.07.10
中国当局、法輪功資料配布の大学生を身柄拘束

中国当局は、当局に弾圧されている伝統気功グループ、法輪功に関する資料を配ったとして、上海市にある交通大学に通う鍾一鳴氏(19)を身柄拘束した。家族は、鍾氏が現在拘...

2019年1月27日、米ロサンゼルス空港に到着した中国人の法輪功学習者于溟さんと出迎えに来た家族(林驍然/大紀元)
2019.03.11
「法輪功弾圧がまだ続いている」中国人亡命者が米国会で発言

「中国の労働教養所で6、7人の警察官が、私の衣服を脱がし、縄で私の身体を縛った後に、30万ボルトの高圧電気棒を使って私の体を感電させた」

中国当局が、拘禁中の女性法輪功学習者の下腹部を踏みつける拷問を行っている(明慧網より)
2019.02.12
中国当局による法輪功学習者への迫害(3)狂気の性的虐待

中国当局は1999年、法輪功学習者に対する弾圧政策を始めた。学習者に法輪功を放棄させるため、当局はさまざまな拷問を用いた。なかには、凄惨な性暴力を受けた法輪功学習...

11月末アルゼンチンで開催されたG20では、現地の法輪功学習者が中国首脳に対して中国国内での弾圧を中止するよう呼び掛けた際、中国大使館に集められた人に囲み込まれた(スクリーンショット
2018.12.06
G20、アルゼンチン警察当局が法輪功学習者を一時拘束 中国大使館の指示か

中国伝統気功の法輪功を学ぶアルゼンチン人学習者は11月29日、同国首都ブエノスアイレスで開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議への出席のために同国を訪れた中国の...

米人権団体は、中国臓器移植界の権威で北京清華長庚医院の董家鴻・執行院長(左)が法輪功学習者への臓器強制摘出に関与していると批判した(大紀元資料室)
2018.11.16
イスラエルの国際会議、中国人専門家の出席を拒否 臓器狩り関与の疑い

イスラエルで開催予定の中国とイスラエル投資会議の主催側はこのほど、中国当局による中国伝統気功グループ法輪功学習者などを対象にした臓器強制摘出に関与しているとして、...

中国法輪功学習者の金順女さん(66)は10月上旬、当局の迫害を受けて死亡した(明慧網より)
2018.10.19
法輪功学習者が拘束後1カ月足らずで死亡 複数回の拷問

9月中旬中国当局に拘束された気功グループ法輪功の学習者である金順女氏(66)が、10月10日に亡くなったことがわかった。東北地方の遼寧省撫順市順城区に住む金氏は拘...

韓国在住の中国籍法輪功学習者の人権が保障されるよう求める鶴園氏(大紀元)
2009.07.13
東京・南麻布:韓国在住の中国籍法輪功学習者強制送還に抗議

 【大紀元日本7月13日】韓国に在住する中国籍の法輪功学習者に対し、韓国政府が難民申請を認めず、その中の一部の人が中国へ強制送還される事態に直面している。 これに...

中国大使館前で整然と抗議する法輪功学習者(大紀元)
2008.10.02
「十一国殤日」に迫害停止訴える

 【大紀元日本10月2日】今から59年前の1949年10月1日、中国において「中華人民共和国」と称する、ソビエト連邦に次ぐ巨大な共産主義国家が建てられた。革命によ...

労働教養される前の張蓮英さんとその娘。
2008.07.27
生死の関門を十数回くぐり抜けた女性法輪功学習者の物語

 【大紀元日本7月27日】「編注:1999年7月20日、法輪功に対する中共当局の弾圧が始まって以来、すでに9年が経過している。この弾圧は中国歴史上、ひいては世界歴...

1999年4月25日、平和的に、静かに直訴活動に集まった学習者たち(明慧網)
2008.04.25
1999年中南海直訴「四・二五」の参加者、真相を語る

 【大紀元日本4月25日】1999年4月25日は、多くの法輪功学習者らが、天津で不当に逮捕・拘束されたとされる学習者の解放を求め、北京の中南海に直訴しに参集した日...

11月15日午後11時20分、タイ経由で米ニューヨークのJFK国際空港に到着した高進英とその夫・劉葆春氏夫妻、中国共産党に6年間、不当にも指名手配されていた(大紀元/文怡)
2007.11.19
中国法輪功学習者難民、米政府受け入れ

 【大紀元日本11月19日】心身を修め、真・善・忍を信条として固く守り続ける法輪功(ファールンゴン)学習者の高進英(61)さんとその夫・劉葆春さんは、何度も中国政...

中共・強制労働収容所の労働改造風景;生存中の法輪功学習者から臓器を不法摘出する事件は、中国全土の強制労働収容所内で発生しており、公安病院(武装警察病院を含む)が強制労働収容所の不法分子、臓器売買のブローカー仲介業者と結託共謀し、犯罪に関与している
2006.04.10
生存中の法輪功学習者から臓器を不法摘出、黒幕は強制労働収容所

 【大紀元日本4月10日】情報筋によると、中国蘇家屯で、生存中の法輪功学習者から臓器が不法摘出され、術後の遺体が焼却隠蔽されるという事件が暴露された後、蘇家屯・地...

^