環境保護

日本から香港へ 環境ボランティア、自費で海岸清掃 現地で称賛

2016/12/08 17:13

 海岸清掃など環境活動を行うNGO団体「Open Earth」代表・鈴木博将さんら30人以上の有志者が、11月末に香港に自費で滞在し、清掃活動を行ったことが、香港メディアに取り上げられて注目を集めた。香港内では称賛の声があがり、環境保護の意識を啓発しているようだ。

 今夏、香港の海岸は中国大陸暴風雨の影響により、大量のゴミが漂着してゴミ捨て場と化した。沖縄在住の鈴木博将さんは8月、香港へ行き、現地の有志者や日本人とともに清掃活動を行った。

 鈴木さんのフェイスブックによると、夏の清掃活動に感化されて、11月末頃をはじめに世界各地の海岸清掃を行うと発表。始発地は香港で、ボランティアを募った。

 鈴木さんを含む33人は、11月25日から11月29日までの5日間、滞在した。渡航や滞在にかかった費用も、自費でまかなったという。

 清掃チームは、香港の大嶼山大浪湾海灘と、南丫島蘆鬚城海灘で、合わせて552キロのゴミを拾った。

 香港メディアは鈴木さんらの活動を称賛。ネットのコメントにも、「見習わなければならない」と地元の環境保護の意識を啓発している模様。

 「Open Earth」は、植林や海岸清掃を呼び掛けるNGO団体。今年、31歳の鈴木さんは、2013年からほとんど毎日、沖縄の海岸で清掃活動をしている。これまでで合計6トンのゴミを掃除したという。

 西日本の沿岸部には、韓国や中国からゴミがよく漂着する。「掃除してもまた来るので、切りがない」とあきらめを感じるものの、忍耐強く続けている。

(翻訳編集・佐渡 道世)

関連記事
^