THE EPOCH TIMES

トランプ氏は法人税率20%望む、政府閉鎖予想せず=米当局者

2017年12月08日 10時18分

[ワシントン 7日 ロイター] - 米ホワイトハウスのマーク・ショート議会担当補佐官は7日、トランプ大統領が法人税率20%の実現を望んでいることを明らかにした。

政府機関の閉鎖回避に向けた合意形成に自信を示した。ロイターのインタビューで語った。

トランプ氏が最終案で22%に上がる可能性を示唆した点について、 ショート氏は正式に承認したわけでないと指摘した。

トランプ氏と議会共和・民主両党指導部の協議で、2018━19年度の歳出を示す2年間の予算で合意することに期待感を示した。合意には国防、非国防支出の増額が含まれるとの見方を示した。

また、政権は下院案同様、法人向けの代替ミニマム税(AMT)撤廃も望む考えとした。

^