印刷版   

イランとの核問題協議、建設的な内容=ソラナEU上級代表

 欧州連合(EU)のソラナ共通外交・安全保障上級代表は23日、イランのラリジャニ最高安全保障委員会事務局長との会談について、建設的な内容だったとの見解を示した。また、3週間以内の再協議にも前向きな見方を示した。当地で4時間にわたって行われた会談後、記者団に対して述べた。

 国連安全保障理事会の常任理事国にドイツを加えた6カ国は、核開発を停止しようとしないイランに対し、追加制裁を検討している。

 一方、イランのラリジャニ事務局長は、核問題については外交を通じて解決したいとし、ソラナ上級代表との会談も良い内容だったと説明。制裁決議が同代表との協議停止につながるかとの質問に対しては、「一部の冒険好きな国が外交プロセスを邪魔したいなら、影響は多少あるだろう」と述べた。

[リスボン 23日 ロイター]

 (07/06/25 09:50)  





■関連文章
  • 6カ国協議、7月初旬に再開の可能性=米国務次官補(07/06/21)
  • IMF、為替政策の監視基準を強化(07/06/19)
  • ロシア、北朝鮮の資金移管に協力する準備は整っていると表明(07/06/14)
  • 核問題をめぐるEUとイランの協議、不調に終わる(07/06/12)
  • イランとスーダンが国連要請に応じなければ一段の措置=サミット(07/06/09)
  • 原油の供給不足と価格上昇を警告=イラン国営石油会社(07/06/02)
  • イラン、核活動停止する兆候みられず=米国務長官(07/06/02)
  • EUは中国に一段の市場開放などを要請=欧州委員(07/05/29)
  • 国連はイラン制裁を強化すべき=ブッシュ米大統領(07/05/25)
  • イラン、ウラン濃縮活動を拡大=IAEA報告(07/05/24)
  • イランと北朝鮮、2国間関係強化で合意=イラン学生通信(07/05/14)
  • 北朝鮮追加制裁、場合によっては検討=首相(07/05/03)
  • イラン通信省、「不道徳な」携帯電話メッセージを検閲へ(07/05/01)
  • 世界人権年度報告:中国の人権問題に重大な関心(07/04/29)
  • 日米首脳会談、北朝鮮が約束守らなければ厳しい姿勢で一致(07/04/28)