海外移住の中国人930万人 庶民も移民希望

2014年06月12日 15時55分
【大紀元日本6月12日】最新のデータによると、中国人の海外移民が急増し、2013年には930万人に達した。政治要因のほか、教育レベル、環境汚染、食の安全性などの社会問題が中国人の移民を加速化させている、との調査結果もわかった。

 国連が7日に発表した「2013世界移民報告」によると、2013年時点で海外に移住した中国人は930万人に達し、インド、メキシコ、ロシアに次いで世界4番目の移民輸出国となった。 

 中国の経済紙「第一財経日報」は国内シンクタンク「中国与全球化研究智庫」の最新の調査結果として、「ここ三年間で中国のアメリカへの投資移民は急速に増加している」などと報じた。

 投資移民は、移民先の国に多額の投資を行うのと引き替えに永住権を与える、という移民制度である。

 米国務省の最新データによると、2010年にEB-5プログラムで永住権を取得した投資移民はわずか772人で、2011年には2408人に増え、2012年は一気に6124人まで急増し、2011年の2.5倍、2010年の7.9倍となった。

 6日に発表された「胡潤(フージワーフ)中国投資移民白書」によると、中国の富裕層にとって、一番人気の移民先は米国とカナダ。また富裕層を対象とする調査で、許容できる海外移住コストの平均額は500万元(約8200万円)という結果もわかった。

 一方、カナダは2014年2月に投資移民制度を廃止した。当時、中国では「中国系排斥のためだ」と反発の声も強まった。

 中国人の国外移住の主な理由について、同白書がまとめた調査結果では、「教育のレベル」は21%、「環境汚染」は20%、「食の安全」は19%だった。

 最も人気のある移民先は米国、カナダ、豪州、ニュージーランドの順である。2012年に上記4カ国で永住権を取得した中国人はそれぞれ8万1784人、3万3018人、2万9547人、7723人で合計15万2000人に達した。

 投資移民を検討している江蘇省在住の男性は大紀元時報の取材に対して、こう語った。「政権幹部や富裕層だけではない。可能なら、一般庶民だって移民したい」「安定・安心の生活を望むなら、この国から出るのが一番」

 日本法務省の統計では、2013年末時点で在日中国人は約65万人、そのうち、永住者は約20万人。

(翻訳・鈴木真弓、編集・叶子)
関連キーワード
^