大紀元時報

中国と極めて大きな合意なければ「延期」望む=米大統領

2019年02月01日 12時15分

[ワシントン 31日 ロイター] - トランプ米大統領は31日、中国との通商協議について、極めて大きな合意か、「延期」のどちらかを望むと述べた。ただ具体的に何を意味しているのかは明らかにしなかった。

トランプ大統領はホワイトハウスで記者団に対し、「中国と小粒なディール(取引)は行わない。極めて大きなディールになるか、少しの間延期するかのどちらかだ」と述べた。ただ詳細については明らかにしなかった。

米政府が設定した期限を延期するのかとの質問に対しては「分からない」と回答。ただ、中国側は米国による関税の引き上げを回避するためにディールを望んでいるとし、「ディールが得られるなら、中国に対応したい」と述べた。

トランプ大統領はこの日、通商交渉のために訪米している中国の劉鶴・副首相と会談。同大統領は中国と合意できると考えていると述べた。

^