大紀元時報

独ライカ、天安門事件の「タンクマン」の動画が中国SNSで炎上

2019年04月19日 21時15分
4月19日、ドイツのカメラメーカー、ライカ・カメラが今週発表した、天安門事件を巡る動画が中国のソーシャルメディア(SNS)で「炎上」している。写真はライカのロゴマーク。北京で撮影(2019年 ロイター/Thomas Peter)
4月19日、ドイツのカメラメーカー、ライカ・カメラが今週発表した、天安門事件を巡る動画が中国のソーシャルメディア(SNS)で「炎上」している。写真はライカのロゴマーク。北京で撮影(2019年 ロイター/Thomas Peter)

[北京 19日 ロイター] - ドイツのカメラメーカー、ライカ・カメラが今週発表した、天安門事件を巡る動画が中国のソーシャルメディア(SNS)で「炎上」している。

ライカが制作した5分間の動画は、1989年6月、学生らによる民主化デモを軍が武力で弾圧した後、天安門広場で戦車の前に丸腰の男性が立ちはだかる姿を撮影する模様をドラマ化したもので、最後にライカのロゴを表示して終わる。戦車の前に立ちはだかる男性の映像は民主化デモの象徴とされ、「タンクマン」と呼ばれている。

中国版ツイッター、ウェイボー(微博)では18日夜、「中国を侮辱するライカ」というハシュタグが表れたが、当局の検閲が入ったもようで削除された。

ライカのウェイボーアカウントには、「中国から出て行け」といった動画を批判するコメントが大量に投稿された。

ロイターは、電話や電子メールでライカにコメントを求めたが、ライカから返答はない。

 

 

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

関連キーワード
^