大紀元時報

北朝鮮の飛翔体、日本の安全保障に影響与える状況ではない=安倍首相

2019年07月31日 11時05分
7月31日、安倍晋三首相は、北朝鮮が同日早朝に飛翔体を発射したことについて、日本の安全保障に影響を与える状況ではないとの認識を示した。写真は6月に大阪で代表撮影(2019年 ロイター)
7月31日、安倍晋三首相は、北朝鮮が同日早朝に飛翔体を発射したことについて、日本の安全保障に影響を与える状況ではないとの認識を示した。写真は6月に大阪で代表撮影(2019年 ロイター)

[東京 31日 ロイター] - 安倍晋三首相は31日、北朝鮮が同日早朝に飛翔体を発射したことについて、日本の安全保障に影響を与える状況ではないとの認識を示した。

官邸で記者団に述べた。

首相は、引き続き米国などと緊密に連携すると述べた。

防衛省は同日朝、「我が国領域や排他的経済水域(EEZ)への弾道ミサイルの飛来は確認されておらず、現時点において、我が国の安全保障に直ちに影響を与えるような事態は確認されていない」と発表している。

韓国軍合同参謀本部は、北朝鮮が31日早朝に発射した飛翔体は弾道ミサイルで、約250キロ飛行したと明らかにした。[nL4N24W01C]

聯合ニュースは韓国軍の情報として、発射されたミサイルは2発だったと伝えている。

(石田仁志 編集:田中志保)

^