大紀元時報

北朝鮮のミサイル発射、金委員長の約束違反ではない=米大統領補佐官

2019年08月01日 12時57分
7月31日、ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は、北朝鮮による最近のミサイル発射について、米朝首脳間の約束に違反していないとの認識を示した。写真は6月にエルサレムで、代表撮影(2019年 ロイター)
7月31日、ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は、北朝鮮による最近のミサイル発射について、米朝首脳間の約束に違反していないとの認識を示した。写真は6月にエルサレムで、代表撮影(2019年 ロイター)

[ワシントン 31日 ロイター] - ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障担当)は31日、北朝鮮による最近のミサイル発射について、米朝首脳間の約束に違反していないとの認識を示した。非核化に向けた実務者協議がいつ開始されるのかについては、北朝鮮からの連絡を待っているとした。

ボルトン氏は、FOXビジネス・ネットワークのインタビューで「これらのミサイル発射は、金正恩朝鮮労働党委員長が(トランプ)大統領と交わした大陸間弾道ミサイルに関する約束に違反していない」と語った。

その上で「しかしながら、金委員長は6月30日に協議の準備ができていると改めて述べており、実際の外交がいつ始まるのか、非核化に関する実務レベルの協議がいつ開始されるのか問わなければならない。われわれは依然として北朝鮮から連絡を待っている」と述べた。

^