大紀元時報

北朝鮮が2日発射した飛翔体、新型弾道ミサイルのもよう=韓国

2019年08月02日 13時34分
8月2日、韓国政府は、北朝鮮がこの日発射した飛翔体は新型の短距離弾道ミサイルのもようだとの見方を示した。写真は北朝鮮が7月25日に発射したミサイル。KCNAが7月26日に配信。提供写真(2019年 ロイター)
8月2日、韓国政府は、北朝鮮がこの日発射した飛翔体は新型の短距離弾道ミサイルのもようだとの見方を示した。写真は北朝鮮が7月25日に発射したミサイル。KCNAが7月26日に配信。提供写真(2019年 ロイター)

[ソウル 2日 ロイター] - 韓国政府は2日、北朝鮮がこの日発射した飛翔体は新型の短距離弾道ミサイルのもようだとの見方を示した。

韓国軍合同参謀本部によると、飛翔体は220キロ飛行し、高度は25キロに達した。咸鏡南道の永興から日本海に向けて現地時間2日午前2時59分と同3時23分に発射されたという。

^