フランスのマクロン大統領とバイデン米大統領(写真)は22日、潜水艦開発計画を巡る問題を受け、電話会談を行った。9日撮影(2021年 ロイター/Kevin Lamarque)

米仏首脳が電話会談、潜水艦問題後初めて 召喚の駐米大使復帰へ

[パリ/ワシントン 22日 ロイター] - フランスのマクロン大統領とバイデン米大統領は22日、潜水艦開発計画を巡る問題を受け、電話会談を行った。バイデン大統領は、オーストラリアとの新たな安全保障の枠組みを発表する前にフランスと協議を持っていれば外交問題を回避できたと認め、マクロン大統領は召喚した駐米大使を来週米国に復帰させる方針を表明した。

米英豪による新たな安全保障の枠組みの下、オーストラリアがフランスと進めていた潜水艦開発計画を破棄し、米英の支援で原子力潜水艦を配備することを決定。仏政府は反発し、駐米大使と駐オーストラリア大使を召還した。

仏大統領府とホワイトハウスが発表した共同声明によると、両首脳は信頼関係の再構築に向け、踏み込んだ協議を進めていく方向で一致した。

声明は「フランスや欧州のパートナー国にとり戦略的に重要な問題を巡っては、同盟国間でのオープンな協議が有益だったという点で両首脳は同意した」とし、「バイデン大統領はこの点について継続的なコミットメントを伝えた」とした。