印刷版   

米・ヒル国務次官補(AFP/Getty Images)

米・国務次官補、日中関係に懸念を表明

 【大紀元日本6月2日】米国ラジオ局「ボイス・オブ・アメリカ」の報道によると、米・ヒル国務次官補(東アジア・太平洋担当)は26日、下院外交委員会のアジア太平洋小委員会での証言で日中関係に触れ、両国は平和的に問題を解決すべきであると述べた。

 ヒル次官補は証言の中で、日中両国の政治的観点の違いが両国の関係に大きく影響していると指摘。さらに、教科書問題や尖閣島問題、東シナ海のガス田開発問題、中国の台湾政策、日本の国連常任理事国入りへの反対と最近の反日デモなどの問題をあげ、両国は平和的な対話を通じて問題を解決するべきであると述べた。

 さらに、日中の健全な関係は東アジアの安定と繁栄にとって非常に重要であり、安定した日中関係を築いてほしいと述べた上で、呉儀副首相と小泉純一郎首相の会談が実現されなかったことに遺憾の意を表明し、「ハイレベルでの対話を通じて全ての問題を解決するように」と提言した。

 証言の中で、ヒル次官補は中国の人権問題にも触れ、これまで米国政府が多くの場でチベット問題に言及し、ダライラマとの会談を行うよう中国側を促してきたと述べ、これからも中国の人権問題に注目していくことを表明した。

[中国語版又は英語版]:http://www.epochtimes.com/b5/5/5/28/n936359.htm

 (05/06/02 12:20)  





■関連文章
  • 中国副首相突然の帰国、 北京大規模の口蹄疫発生か?(05/05/25)
  • 中国の人権違反の状況は国連の非難を浴びている(05/05/16)
  • 中国民主を求める新たな五四運動/PCが武器に変身 次は北京を指す(05/05/12)
  • 2005年国連人権委員会:思想・良心の自由を侵す犯罪(05/04/28)
  • 中国の教科書改ざんは、日本よりもはなはだしい(05/04/27)
  • 中国の現状と日中関係(05/04/26)
  • 反日デモが拡大、中国政府が裏で慎重に操作(05/04/17)
  • 上海で数万に上る反日デモ、政府によるやらせの疑い(05/04/17)
  • 高智晟弁護士:中国の問題は内憂であり、外患ではない(05/04/17)
  • 新唐人衛星事件がジュネーブ人権会議で討論される(05/04/15)
  • 北京で反日デモ・自らの体制の危機を転化させようと企てる中共(05/04/11)
  • 国連会議室で九評討論会が開かれる(05/04/04)