大紀元時報
『九評』編集部新刊『共産主義の最終目的』

第三章(下)共産邪霊の手段:環境と文化の破壊

2018年09月30日 18時50分

 

【関連記事】
第三章(上)共産邪霊の手段:殺戮

4、環境の破壊

5、文化の破壊

1)伝統を受け継ぐ文化財を破壊

2)文化の精神性を破壊

6、邪悪の極み

1)法輪功への迫害

2)法輪功学習者を対象とする臓器狩り

結語


4、環境の破壊

神が人類を作ったとき、人類に生存するための自然環境も与えた。特に、中国の豊かで深遠な伝統文化とその奥義は自然環境にも反映されている。これはまさしく中国の伝統文化の中核をなす天人合一という思想の具現化である。その考えによれば、すべての山河に宿る神々は、人類の生存する自然環境を支配しているという。

中国は中心の国として神に選ばれ、山河などの自然形態、地球の生態系に大きな影響を与えている。中国の文化では、地理や風、水の影響は肉眼で見えないはるかに次元の高い空間にまで及んでいる。高い次元から地球の水循環を見ると、中心の国である中国は淡水の水源地である。中国で起きた水汚染が、世界各地の水源に影響を及ぼしている。そのため、中国の環境破壊は世界生態系の崩壊につながりかねない。この点から考えれば、共産邪霊が中国の自然環境の破壊に精を出すのも理解しやすくなるであろう。

中国歴代王朝の君主は謙虚と感謝の気持ちで定期的に天、地、日、月、そして山と川をつかさどる神を祭り、必要に応じて自然環境から賜った資源を利用していた。数千年来、天を信じ、神を敬う中国人は自然環境に調和しながら暮らしてきた。共産邪霊が政権を握ってから、暴力と虚言を用いて天人合一の考えを棄て、神から賜った自然環境を破壊してきた。天と戦い、地と闘うことを奨励し、人間性にある悪の一面を際立たせた。人々は金銭のため、恣意(しい)的に自然環境を破壊し、傲慢(ごうまん)自大となり、自然に対する畏怖(いふ)の念がなくなった。

古代の人は薪や住宅建築のために森林を伐採するが、樹齢の若い樹木を避けていた。共産党時代になると、目先の利益のため、壊滅的な乱伐を行なっている。中国東北部にある長白山の森林は、樹齢の若い樹木をも伐採された。直径3センチの樹木が伐られ、箒(ほうき)の柄にも使われていた。数多くの地域の森林は丸ごと伐採され、植被が消え、深刻な土壌の流失を引き起こした。その後、いわゆる自然災害が相次いで発生しても、共産党の教育を受けてきた無神論者は当然、それが天罰だとは認めない。

宇宙、地球、人間の環境は循環している。人々が六道輪廻の中、高い道徳水準を維持していれば、業力が少なく、輪廻後に自然環境に悪い影響を与えることもない。ところが、人間の業力が重なると、自然環境にも蓄積されてしまう。中国で絶えず拡大している砂漠化はその敵例である。

共産党政権になってから、人々の道徳水準が一瀉(いっしゃ)千里の勢いで下落し、業力も急増した。さらに、自然資源に対する節度のない利用によって、自然環境が破壊され、中国の美しい山河は無残な姿となり、砂漠化が急速に進んだ。二十世紀の50年代から70年代にかけて、毎年1560平方キロの土地が砂漠化し、70年代から80年代にかけてこの数字は2100平方キロになり、90年代になると2460平方キロ、二十一世紀では毎年3000平方キロの面積で砂漠化が進行している。内モンゴルの5つの草原のうち、ホルチン草原、ウランチャブ草原とオルドス草原の3つがわずか20年で砂漠化で消えた。昔、河北省懐来県の「天漠」と呼ばれる砂漠は現在北京からわずか70キロしか離れていない。北京はいつしか、砂漠の中に消失する楼蘭古城(ろうらんこじょう)の二の舞になるかもしれない。

恣意的な乱伐、川の流れの遮断、海の埋め立て、天と戦い、地と闘うことで神が人類に与えた生存環境を完全に破壊した。川の氾濫、旱魃(かんばつ)、PM2.5、黄砂、工業汚染などのさまざまな災害が頻発しており、とりわけ恐ろしいのは原因不明の病気が多発していることである。

5、文化の破壊

共産邪霊は暴力で社会のエリート層を抹消し、人類が生きていくうえで必要な精神性・物質環境を打ち砕き、さらに中国の伝統文化も破壊した。これらはいずれも共産邪霊が計画的に人類を壊滅させるための準備だった。

1)伝統を受け継ぐ文化財の破壊

文化大革命が始まってまもなく、「破四旧」(旧思想、旧文化、旧風俗、旧習慣を破る)運動が始まった。数えきれないほどの寺院、道観、仏像、名勝古跡、書画、古美術品が破壊された。王羲之の不朽の名作「蘭亭集序」が作られた舞台の蘭亭が破壊され、王羲之の墓も取り壊された。『西遊記』著者・呉承恩の江蘇にある旧居、清の代表的な文人・呉敬梓の安徽に構えた旧居も災難から免れることはできなかった。北宋の文人、書家である蘇軾が揮毫(きごう)した「酔翁亭記」の石碑が倒され、石碑に彫られた文字は削り取られた。数百年ないし数千年来伝承してきた文化はひとたび破壊されれば、二度と取り戻すことはできない。

北京城は元の時代に作られた城であり、元の世祖フビライの命を拝した宰相・劉秉忠が乾坤(けんこん)の卦(け)を参考に、天宮の構造をまねて作ったものである。北京城の構成配置は儒教、道教、仏教の思想と特徴を表しており、各城門と殿堂の名称は周易の乾坤の卦からとったものであり、廟堂や寺院、殿堂は天象の動きに従って作られていた。

北京の有名な四合院では、小さな庭園が大きな庭園にはまり、構造が奇抜なだけでなく、乾坤の構図も含まれている。北京の横丁は曲がりくねった小径が幽遠(ゆうえん)で奥深いといっていい。幽遠の小道を通って四合院に入ると、豁然(かつぜん)と明るく空間が広がり、全く別天地に入ったようである。これほど精緻に作られた建築は神仏への信仰、天人合一の伝統思想を住環境とうまく融合した絶世の傑作といっても過言ではない。しかしながら、ほとんどの四合院は文化大革命、破四旧運動およびその後の不動産開発で取り壊された。

文化大革命後、北京にあった五百余りの廟宇(霊殿・社殿)、殿堂、寺院はほとんど残っていなかった。信者の祈る場所や修行の場所を破壊しただけでなく、人々の心の中にある、神仏への信仰や天人合一の伝統思想もともに払拭(ふっしょく)された。自身とは無関係と思う中国人が多く、一連の破壊に対して気にも止めない。しかし、共産邪霊はあらゆる機会を利用して、肉体の消滅から思想改造へ、さらに宗教の修練場所を一掃した。数千年来、連綿と続く文化、道徳と信仰の伝承経路は廃れた。

中国には数千余りの城や鎮があり、どの城や鎮にも城壁、廟宇、寺院、文化古跡があり、いたる所掘れば古跡が発見されるほどだった。

宇宙では、人間の世界はほかの空間と呼応関係にある。この世界にある理論、信仰、文学、芸術形式、建築、民俗などはほかの空間にもその対応がある。一人の人間が本を読んだり、何か行動を起こしても、さほどの影響はないが、多くの人々が同じ本を読んだり、同じ行動をしたりすれば、ほかの空間で巨大なエネルギー場を形成することになる。しかもこの世にある建築、民俗、文化、芸術とつながりを持ようになる。この場がなければ、この世界の事物もエネルギーを蓄えることはできない。例えば、西洋社会で13日の金曜日が不吉だと思われているが、東洋社会ではそのような効果はない。同様に、東洋社会が重視する風水は西洋社会ではあまり効き目がない。なぜなら、その背後にあるエネルギー場が西洋社会でそれほど強くないからである。

古廟、古城、寺院、古跡などは数百年ないし数千年にわたり、数千万人に拝まれているため、その背後に強い場が存在している。特に正教の殿堂は覚者の開眼を経ているため、強いエネルギーを持ち、その土地の住民を守る役割を果たしている。これらのものを破壊したら、その背後にある場と高級生命がそこにとどまれなくなる。この世での建築などの有形物の破壊は、天人合一の伝統思想の退廃につながるだけでなく、この世の正念、正しい信仰を強めるエネルギー場も破壊することになる。神に見切りをつけられれば、その加護を受けることもできなくなる。

同様の道理で、たとえ古跡や建築を作り直しても短期間で巨大なエネルギー場を作り上げることはできず、神が戻ってくることも不可能になる。近年、中国共産党政権のもと、都市開発が急ピッチで進んでいる。古廟や寺院、古跡は復元される場合もあるが、その目的は金もうけや、対外向けの宣伝のためであり、結局、邪霊、低次元の生命体が招かれ、負のエネルギー場を形成し、世間の人々に災いをもたらしている。

共産邪霊は伝統文化を継承する主役である都市部の文化エリート層、農村部の名士を消滅するだけでなく、この世で正しい信仰を広めるための古廟、寺院とさまざまな文化古跡、および文学形式、文物、書画、伝統家屋も破壊している。

2)文化の精神性を破壊

老子が残した「道徳経」は道家の修練経典であり、老子も道家の始祖とされている。文化大革命中、老子は偽善者と非難され、「道徳経」も封建迷信とされていた。

孔子は諸国を周遊し、「仁、義、礼、智、信」および中庸の道を唱えていた。聖人の国を治める理念、および世間で人間をなすための基準を「六経」にまとめ、後世の人々は「至聖先師」と崇めている。文化大革命中、「仁、義、礼、智、信」は暴力、闘争と造反有理にとって代わった。1966年、康生の指示により、北京の造反派のトップ譚厚蘭が中央文革チームの名義で孔子の出身地、曲阜で古書を燃やし、孔子の墓を含め、千枚余りの歴代の石碑を破壊し、孔子廟、孔子の居宅を片っ端から取り壊した。さらに、孔子の子孫の墓を掘り起こして、遺骸を本人に見立てて批判した後、焼き払った。

これはもはや単なる文物や古跡の破壊という問題ではなくなった。なぜなら、これらの古跡や文物が中華文化および伝統的な価値観を伝承しているからである。もし伝統文化への畏敬の念が少しでもあるならば、このような破壊は発生しなかっただろう。中国共産党は中国伝統文化への憎しみを紅衛兵の心に深く植え付けた。

中国古代、「三武一宗」という仏教を消滅する事件が発生した。結局、仏教を弾圧した歴代の皇帝はいずれも非業の死を遂げた。有神論者はそれが仏教弾圧の報いだと認識している。後周の世宗柴栄が大悲寺の観音菩薩像の胸部を目掛けて斧(おの)を振り下ろした。しばらくして、柴栄は胸部の吹き出物の破れた傷口のただれにより死んだ。中国共産党に唆されて仏像を破壊した若者にどのような結末が待っているのかは、想像できるであろう。

破四旧運動の中、数えきれないほどの人々が地獄に落ちるに値する罪を犯した。これはまさしく共産党の望む結果であった。

6、邪悪の極み

1)法輪功への迫害

文化大革命後、健康志向の高まりを受け、五禽戯(ごきんぎ)、太極拳、易筋経などの古くから伝わってきた気功が大流行し、気功ブームが中国全土に起こった。1992年5月、李洪志先生が「真善忍」を理念とする法輪功(法輪大法とも呼ばれる)を伝え出した。その病気治療と健康保持の素晴らしい効果で、人から人へと伝わり、わずか数年で一億以上の人が法輪功を修煉するようになった。法輪功が中国で普及し、そして世界にも広まりを見せた。

法輪功学習者は心を修め、神仏への信仰を再び持つようになった。人気を博した法輪功は、中国社会で崩れた信仰の体系を立て直した。しかも「真善忍」という理念は中国伝統文化の神髄(しんずい)を反映している。法輪功の普及は、社会の道徳を全面的に回復させるにちがいない。

無神論を唱える共産邪霊の終極の目的は文化や道徳の破壊を通して、人々を救い済度しようとする創世主の願いを阻むことである。道徳の立て直しに寄与する法輪功は当然、目の敵にされた。

1999年7月、当時の共産党党首の江沢民は性急に法輪功および法輪功学習者に対する全面的な迫害を開始した。法輪功は善の生命も悪の生命も含め、あらゆる命を大切にしている。共産邪霊にも救い済度されるチャンスをしばしば与えたが、邪霊は頑なに法輪功とその学習者を根絶しようとしている。これは自ら墓穴を掘ることになる。

共産邪霊がマスコミ、公安、武装警察を総動員し、法輪功に対して誹謗中傷の宣伝を繰り返し、多くの法輪功学習者が逮捕・監禁されている。江沢民が法輪功を迫害する中央会議で「共産党が法輪功に勝てないなんて、絶対信じない」と言い放った。

共産党が数十年の殺戮(さつりく)と人を懲らしめる経験を積んでいなければ、法輪功への迫害を続けることができるのだろうか?心を修め、善行を積む法輪功学習者は一億以上に達し、親戚や友人も合わせると、法輪功を取り巻く市民の数は数億人に上る。これほど大きな団体を弾圧するのは容易なことではない。江沢民が自ら、法輪功弾圧に「その名誉を毀損(きそん)し、その経済を破綻させ、その肉体を抹消する」との指示を下した。これはまさしく中国共産党が数十年積んできた邪悪さの集大成である。数十年来の殺戮によって形成された恐怖の環境があるからこそ、共産党が公開殺戮を実施しなくても法輪功への迫害を続けることができた。

同時に共産邪霊は経済利益で欧米の国々を黙らせることに成功し、この迫害政策を非難する政府はほとんどなかった。中国共産党による計画的な殺戮と迫害は人知れず進んでいる。数えきれないほどの無実の法輪功学習者が監禁、投獄、虐殺され、ひいては生きたまま臓器を摘出されているにもかかわらず、世間には知られていない。数多くの人々が邪党の抑圧政策、洗脳工作と殺戮に怯(おび)え、口をつぐみ、この迫害に関心を示さず、または見ないふりをしている。一部の人々は良心に背き、迫害に関与するようになり、壊滅の道を歩んでいるとは全く気づいていない。

ここで読者に一つ不思議な現象について考えてもらいたい。監禁所や労働収容所に監禁されている数多くの法輪功学習者は、法輪功の修煉を放棄する、法輪功を修煉しない保証書、悔悟書にサインし、あるいは法輪功を貶(けな)せば、直ちに釈放される。

これまでの政治運動で、弾圧を受けた人は罪を認めても、迫害はなお続いて、自分自身で結末をコントロールすることは全くできなかった。一方、法輪功学習者は自身の処遇を決めることができるのである。もしかすると、中国共産党は改良されたのだろうか?答えはもちろん「ノー」。

法輪功を放棄しない法輪功学習者は人間の想像を絶する拷問を受けている。その種類の多さ、残酷さと被害の範囲から見れば、中国共産党の残忍性は全く変わっていない。それどころか以前よりも悪質になっている。しかしながら、法輪功学習者が修煉を放棄すると、寛大な処遇を受けられる。これはまさしく、中国共産党の本当の目的が人間の肉体を抹消することにあるのではなく、人間の魂を壊滅することにあるということを証明している。邪霊の神に対する憎しみと、中国共産党に破壊された信仰体系を立て直す法輪功への憎しみが、この迫害を引き起こしたのである。法輪功は共産邪霊の最終目的にとって邪魔な存在になった。

2)法輪功学習者を対象とする臓器狩り

共産邪霊は古今東西の邪悪な手段よりさらに残忍な手段で迫害している。法輪功学習者の臓器を生きたまま摘出し売買しているのだ。これはこの地球にかつてなかった迫害手段である。

法輪功学習者の法輪功への確固たる信念と不屈不撓(ふとう)な精神が、これまで奏功していた迫害手段を無用なものにしてしまった。特に転向を拒否する法輪功学習者に対して全くなす術はなかった。臓器狩りという迫害手段の登場によって、共産邪霊は迫害の資金源を確保することができただけではなく、臓器移植を望む患者を中国に行かせ、法輪功学習者への虐殺に加担させている。

2006年7月7日、カナダの人権弁護士デービッド・マタス氏と元カナダ国会議員のデービッド・キルガー氏は初めて臓器狩りに関する調査報告を発表した。同報告は18種の証拠を用いて、中国共産党が生きたまま法輪功学習者から臓器を摘出する暴挙の存在を証明した。「この地球にかつてなかった邪悪だ」と批判した。海外調査員の協力を得て、両氏は2016年6月、「血なまぐさい臓器狩り」という最新調査報告を発表した。680ページにおよぶ同報告は、2400個近くの参考資料を提示し、臓器狩りの残酷さと驚くべき規模の大きさを力説した。

2016年6月13日、これまでの調査結果と証拠を踏まえて、米議会は全員一致で「343号決議案」を可決させた。法輪功学習者を含め、中国共産党に敵とみなされた人々から臓器を強制摘出・売買する暴挙を強く非難した。臓器移植の乱用について信頼性のある、透明かつ独立した調査を行なうように中国共産党政権に求めた。これでやっと自由社会は法輪功学習者が受けた迫害の深刻さを認識するようになった。

結語

共産主義はこの百年間、世界範囲で一億以上の人を死に至らせしめた。旧ソ連やベルリンの壁の下にあまたの亡霊が漂っている。ソ連と中国の支援を受けたその他の共産主義政権は、多くの自国民を虐殺した。アジアの小国であるカンボジアでさえ、数百万人がポルポト共産政権に殺害された。遺体埋葬地で山のように積み重なっている遺体が共産悪魔の罪を物語っている。最近、北朝鮮共産政権の党首が白日の下で公然と自分の家族を含め、党内外の人々を虐殺した。しかも核兵器で世界の安全を脅している。共産主義の歴史は殺人の歴史であり、殺戮と世の人々の血で造り上げた歴史である。どのページにも百年来の殺戮が記録されている。

本章は暴力による殺戮と文化の壊滅に終始する中国共産党の歴史を整理してみた。殺戮と文化破壊の史実の記述にとどまらず、この2つの手段は人類を壊滅させる手段でもあると強調したい。そして、世の人々がまだ気づいていない恐ろしい結末についても触れておこう。

伝統文化の破壊と道徳腐敗の流れに数多くの人々が身を任せている。このような人々は神の教戒を理解する力を失い、完全に消滅されるという結末がすでにそこまで迫って来ている。もうすぐ襲来する災禍にどれほどの人々が気づいているだろうか?

共産邪党は神の慈悲をないがしろにし、独断専行し、邪悪極まりない最後の一歩まで進んできた。善と悪にいつかその報いがやってくるだろう。邪悪が正義に勝つことはできない。これは宇宙の不変の真理である。神が定めた道徳規範と行動基準を守り、伝統に回帰し、そして善良であり続けることこそ、未来の生死に関わる災難を乗り越える保障である。

 

【関連記事】
第四章 共産邪霊 人類を破滅の道へ(上)
関連キーワード

関連特集

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^